2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
書くから考える 書くから生きている
2012/09/17(Mon)
 ごぶさたです。
 あまりにブログをサボりすぎて、このままやめようかとも思ったのですが、「書く」ことを自分から奪ったら何もなくなると思ったので帰ってきました(笑)

 えー、夏の間は本気で忙しかったです。正直、今もまだ忙しいけど。
 仕事自体はもちろん忙しいのですが、新人が増えたことによる指導などで時間をとられましてね。私は直接指導する任にないのですが、担当先輩がやること多すぎて行き届かない指導を細々とフォローすることはあるので。
 ついでに、夏休みは風邪ひいて声が全くでなくなっていました。微熱だから医者にはかからなかったし、一言も口を利かないつもりでスポーツクラブ行ったりしてましたけどね(そして話しかけられてびっくりされる)

 その間の楽しみは、7月の祇園祭&桂離宮拝観と、たまの観劇でした。

 7月の祇園祭は、桂離宮の拝観に申し込んだらやっと当選したついでが半分と、昨年見ていない山鉾(蟷螂山など)を制覇するのが目的でした。
 体調が万全ではない友人と連れ立っていたのですが、二人とも3日間の猛暑を耐え抜きました。宵々山は午後だけ、宵山は午前だけ、と活動時間を短めにしたのが良かった模様。去年(一人旅)と違って休憩もちゃんととったし(苦笑)。山鉾巡行はデパート前に陣取ったため、デパートの入り口で噴霧されるミストに大変助けられました(体感温度が5度くらい下がる)。ありがとう高○屋さん。

 桂離宮は、何度目の正直か覚えていない(4~5回目くらい?)。1回の拝観につき40人ツアーなのですが、ネットからの申し込み枠は4人まで。よく通ったと思います(いまだに往復ハガキが一番割り当てが多いらしい)
 宮内庁の案内担当の方は「写真撮るより実物をしっかり目で見るようにしてくださいね」と話していたものの、皆さんがカメラを構えて撮りまくる中、自分だけデジカメかばんにしまって「くわっ」と目で見て魂に刻み込んできました。カメラ構えると、実物より、実物をどう撮るかに意識が向いちゃうから私には無理なんです(苦笑)
 おかげでしっかと「桂離宮」を見られました。あの建物とお庭は本当にすごいですね。計算されつくした「妙」は私には理解できていないのでしょうが、ふとした瞬間に見える景色に胸がつまることが何度もありました。緑深い桂離宮も綺麗だけど、花の季節も、梅雨どきも、紅葉も、雪景色も素晴らしいんだろうと思える。また行きたいです。一番見たいのは「月」なんですけど、あれは宮内庁職員の特権だもんなあ(遠い目)

 観劇は……感想書いていない作品がたまっているので、ぼちぼち書けたらいいな、と。書けたら順次UPします。

 では、また。

スポンサーサイト
この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子どもと本気で遊ぶ大人
2012/06/23(Sat)
 SE時代の同期Mさん(学年は1コ下)がママになったので、落ち着いた時期を見計らって同期Yさん(こっちは同学年)とお祝いをしにお邪魔してきました。Yさんは先輩ママで、今回は娘さんを連れてきてくれました。娘さんはもうすぐ3歳。生まれてすぐに新居にお祝いにお邪魔して以来だったので、そちらも楽しみにしていました。

 Mさんの愛娘Aちゃんは、ようやく寝返り(1回)をうつようになったくらいの月齢。ふっくらつやつやで、愛らしいお顔立ちでした♪ だっこが好きらしく、だいたいパパかママの腕に抱かれていたかな(私やYさんも抱かせてもらったけど)。だっこされていないときの様子を聞くと「寝返りを打って飛行機をやっている」と言うので「ひこーき?」と聞き返したのですが、うつぶせで手足だけ地面から離した状態のことをそういうんですね。後に実演してくれたので「これが飛行機?」「そうそう」と赤ちゃんを見てほわほわ気分にひたっていたのでした。

 Yさんに会うなり痩せたことを指摘されてビックリしたり(年に1度のペースでしか会っていないのに)、Mさん家での手巻き寿司パーティでガンガン食べたり、私のお土産(各自手作り料理・菓子を持参した)のメレンゲクッキーをYさんの娘さんが両手でばくつくのを見て嬉しいような糖分摂取量が大丈夫なのか心配になったりしていましたが、そこら辺は割愛。
 以下はちょっと長いので、興味のある人だけどうぞ。

この記事のURL | 友人・身内 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
嵐の夜に
2012/06/19(Tue)
 台風すごいですね。アパートが風雨に揺れている気がします。いつもは踏ん張る都内の電車も次々に運転見合わせになってしまっているようです。仕事を粘らずに早めに引き上げてよかった、と心から思う次第。

 いつもより早め(といっても8時台)に帰宅したので、夕飯作るか~でもやっぱり面倒くさいな~と身勝手なことを思い、用意したのは麻婆春雨(レトルト ←やる気なし)。フライパンに作って、お玉をフライパンの上に載せてキッチンから移動。フライパンの上にかろうじて乗っているだけだったおたまが、フライパンの揺れに耐えきなくなった瞬間、飛びました。くるりと回転して、おたまは着地しました……ラグマットの上に。

 あああああ、白いラグが麻婆色にぃぃぃぃぃっ(心の中で絶叫)

 慌てて濡れ布巾でごしごしこすったのですが、淡い朱色のまま。ちょっとやそっとじゃ落ちそうな気配がない。仕方ないので、食事の後、手洗いの後、洗濯機のつけおき洗いでがっつり白くしてもらいました。

 でも、嵐の夜にお洗濯って、ナンセンスですよね……

この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラテンのノリ……?
2012/06/17(Sun)
 家族でランチをしたのでいつものスポーツクラブのレッスンに出られず、電車を乗り継いで他店舗に行ってみました。社交ダンスのステップを取り入れたダンスのクラスに出たのですが、このクラスのイントラさんもたまたま来た(=代行)だった模様。上手な常連さんはお休みしているし、参加者の間にはインストラクターの様子を探るような雰囲気があったのですが、イントラさんは全く意に介さずノリノリで指導。
 ラテンダンスが終わりスタンダードダンスのパートに入ると、私の気分も上昇(ラテンダンスは腰がうまく使えず少々苦手ですが、スタンダードはカッコイイから好きなんです)。イントラさんはテンションほぼマックス。「ワルツでは自分は『お姫様』とか『王子様』とか思いながら踊ってくださいね~」と大声で呼びかけてCDをかけはじめたところで、突然、ジムのスタッフさんがドアを開けて入ってきました。
 レッスンの終了予定時刻まであと10分以上あるのに、なぜ? と思ったら……

スタッフ「すみません、地震があったので、安全確認をします」
先生「え? 地震あったの??」
スタッフ「いえ、それほど大きな揺れではありませんでしたが……ええ」
先生「踊りまくっていたから、全然気づかなかったわ」

 一堂大笑い。一緒にノリノリだった私も当然気づいていませんでした。ダンスでもエアロでも、踊っている最中の地震はよほど強く揺れないと気づかないものなんです。ちなみに先生自身は当初「声が大きくてうるさいって言いにきたのかと思った」んだそうです。確かに大声であおっていたもんなあ……

 最後までハイテンションで(精神的に)ついていくのが大変なインストラクターさんでしたが、タンゴが今まで見たインストラクターさんの中で一番美しくて、たいへん勉強になりました。こういう収穫があるのが、なじみのないクラスに飛び込みで参加するときの利点です♪

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
入梅
2012/06/09(Sat)
 雨の中を歩く機会はめっぽう減りましたが、雨が窓ガラスを叩く音は今も好きで、窓から見える景色がけぶる光景も相変わらず好きです。

 全ての天気の中で雨が一番好き、と言っていた時期もあったものです
 (ものすごく奇異な目で見られたこともある)

 今はそれぞれの天気に好きなところ・イマイチなところがあることをよく知っていますが、それでもやっぱり雨は好きです。

この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゆるい弁当作り
2012/06/08(Fri)
 3ヶ月続いたから(=三日坊主でも三ヶ月坊主でもなくなったから)そろそろ書いてもいいだろうということで。

 今年の春からお弁当を作るようになりました。社会人になってからずーっとお昼ごはんは買っていたのですが(コンビニでも外食でも)、一人暮らしで懐具合の余裕が減ったことや、後輩がきちんとお弁当を作っている姿に触発されたことや、東○ハンズのお弁当箱コーナーの素晴らしき世界を見てしまったことなど、まあ理由はいろいろあります。
 正直「続かないかな」と思っていました。料理は嫌いじゃないけど得意というわけでもないし、当時家で作っていた料理はお弁当向けではなかったから。パスタとかカレーとか、それだけで(もしくは+1品で)一食が成り立ちそうな料理ばっかり(男料理っぽい感じですかね)。お弁当みたいに複数種類のおかずを作る手間をかけられるのか、と。前日の夕飯の残りを詰める、という手もありますが、スポーツクラブで帰りの遅い私は夕飯作りに時間をかけていないですし。
 そこで、続けるためにゆるいルールを作ってみました。

・冷凍食品(市販品)使用可
・おかずは2色以上あれば許す。品数も3種類以上あれば可。
・帰宅が0時過ぎたら翌朝は作らなくてもいい(仕事が忙しいとき、飲み会翌日など)
・土曜日はお休み

 女らしさのカケラもありませんが、無理して「完璧なお弁当」作ろうとして挫折する方がばかげていますからね。でも、そんなゆるゆるルールのおかげで今日まで続いているんだから、いいですよね。
 最初こそ初期投資がかかりましたが、今はコンビニ利用時より安くすむようになりました。料理の手間が早くなったとはいえないけど、お弁当用のおかずのレパートリーも多少増えたし(ただし簡単に作れるものばかり・苦笑)
 いつまで続けられるか自分でもわかりませんが、ゆるくやっていけたらいいなあと思います。

この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
飴細工
2012/06/03(Sun)
 いろいろと身バレを防ぐため、日にちなどは省略します。

 某月某日。ある友人にプレゼントを贈ろうと思案していた私は、自分が立ち寄る先に「飴細工のお店」があることに気づきました。インターネットで見てみると、動物などのほかに、お花の飴細工もあるという。これなら見栄えがするかな~とお店に足を運んでみることにしました。

 平日の午後。やや小さめな店内にお客様は1人しかおらず(その方もすぐ帰られた)。壁に飴細工が飾ってあるけど、思ったより種類が少ない。想像したほどのワンダーランドな雰囲気がなくて拍子抜けしていると、店主のおにいさん(おじさん、というにはまだ若かったと思う)が「そちらのメニュー表にあるものを選んでいただけたら、すぐ作りますよ」と言う。出来合いのものを売るというより、作っている姿を見せて売るスタンスらしい。なるほど。
 動物の飴細工がメインのようだが、お花もいろいろある。「1つ作るのに、どれくらいかかりますか?」「動物だと5分くらいですかねえ」「じゃあ、お花は?」「10分ほど見てもらえれば確実かと」。お花のほうが時間がかかるのか。友人に贈るのはバラの花と決めていたけれど、メニューに並んでいたヒマワリにも心ひかれる。
「じゃあ、このバラを2本と、ヒマワリを1本お願いします」「かしこまりました。バラの花は色を変えられますけど、どうしますか? 赤とか、ピンクとか、黄色とか、白とか……」「ピンクで(即答)」「はい、じゃあ今から作りますね」

 店主はツボ(?)から白い水あめを取り出し、ピンク色の色素をたらして練りこむ。全体がまんべんなくピンク色になったところで、握りばさみで中央にいくつか切れ込みを入れていく。次にピンセットで、切れ込みを一片ずつつまんで、のばしながら形を整えていく。中央から、徐々に花びらができあがっていく……3分後には、見事にバラの花が。
「すごい。カワイイ……」「ありがとうございます。次に葉っぱをつけますね」
 今度は取り出した水あめに緑色の色素を練りこんで、花びらの下につける。あっという間にバラの花が1本完成。当初はやわらかかった飴細工ですが「もうこんなに硬いんですよ」と店主が言うように、握りばさみで叩くとカンカンと小気味よい音がする。

私「すぐ固まるものなんですか?」
主「大体3分くらいですね」
私「そんなすぐですか」
主「ええ、だから、動物などの一色のものは5分くらい、複数の色を使う花は10分くらいみてもらうんです」
私「なるほど。動物と花ってどちらの方が難しいんですか」
主「一概にはどちらと言えませんが……花は時間がかかりますが、形の特徴がはっきりしていますからね。動物は一色だけど、形が独特なので、整えるのに気を遣います」
私「失敗すると、新しい生命体が生まれてしまうと(笑)」
主「そうですね(笑)」

 店主さんはバラを2本用意すると、続けてヒマワリの製作に着手。バラは内側に切れ込みを入れたけど、ヒマワリは黄色くした水あめをやや平べったく整えて、外側に細かく切れ込みを入れていく。そして、1枚ずつ押しつぶして花びらに。次に中央部分の茶色をこしらえて、上からはりつける。確かにお花は特徴的な形だから、わかりやすい。
 店主さんがにこやかに話しながら説明してくれるので、あれこれ聞き、いちいち感動しながら見てしまいました。楽しかったー!

 作っていただいた飴はラッピングして、全て友人に押し付けてきました。ボリュームあるから食べるのは大変かもしれなかったけど(汗)、見ている分には本当に心から楽しかったです。ちょっとオススメ。

この記事のURL | 本・芸術 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新緑のハッピーウェディング
2012/06/01(Fri)
 先月結婚した友人(洗礼名マリアさん)に誘われて3人でごはんを食べてきました。
 身内だけでお式を挙げるといわれていたのですが、この日は挙式+お食事会(親族)+新婚旅行のお写真をいっぱい持ってきてくれまして。もう一人の友人(Hちゃん)ときゃいきゃい言いながら見せてもらいました。

 小さい頃から通っていた教会で式を挙げるということで、いつも「小さな教会」と聞いていたのですが、写真で見せてもらった限りでは、綺麗なしっかりした教会でした。式場も広々としていたし(ホール?の間取りとか、白を基調とした色合いとかも関係あるのかも)。ずっと通いなれた教会で(彼女は大学卒業するまでオルガニストもやっていた)、身内だけでなく教会のお知り合いも参列して、お世話になってきた神父様によって結婚を祝福されるのって素敵だなあ、と写真を見ていて思いました。
 で、このマリアさん。ウェディングドレスがすごく似合っているんですわ。やや背が高め(ただし私より低い)なのですが、すらっとした姿にドレスが映えて、本当に綺麗だった。「自分の好きなデザインか、自分に似合うデザインか、最後まで迷った」と言っていましたが、いいチョイスだったと思います。かなり高いヒールの靴だったそうですが、旦那さんも背が高いとのことで、カップルで並ぶ姿もお似合いでした。
 個人的にはお食事会で着用していた赤いお洋服も好きだったのですが、こちらは写真が少なくて、ちょっと残念……(まあ比重的に仕方ないんでしょうけどね)
 新婚旅行は、アジアの某リゾート。お部屋は豪華だし、エスニックな雰囲気が漂っていて、こちらも素敵でした。世界遺産のお写真がいろいろあったのですが、私はさっぱり知らなかったため、逐一説明してもらっていました(国内の世界遺産なら強いんだけどなー・汗)。綺麗な風景写真ばかりでなく、民族衣装を着たお写真とかもあって、見ていて楽しかったです。

 マリアさん、改めてご結婚おめでとう。末永くお幸せに。

この記事のURL | 友人・身内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
心臓に悪い
2012/05/26(Sat)
 先日宝塚ショップでグッズを買ったとき「友の会カードはお持ちですか?」と聞かれたんですよ。入っているけど、カードを持ち歩いているか記憶になかったから、財布の中を探し、定期入れの中もチェックしたけど、見つからない。店員さんには「忘れました」と告げてお会計してもらったのですが、どこにやったのかさっぱり思い出せない。
 宝塚の友の会のカードは、クレジットなのに。

 帰宅して、普段使わないカード類を置いているところを開けて探す。ここはポイントカードを置いてあるところで、クレジットカードみたいな危険なものは置いてないはずだよな~と思いながらも念入りに調べたけど、やっぱりない。
 請求書をまとめている場所かもしれない(カードの規約集とかをそこにおいている)と調べてみたけれど、そちらにも見当たらない。
 そして土曜日。仕事帰りに実家に寄り、重要なものをまとめてとってある場所を調べる(日中誰もいなくなるアパートに置いておくより、人がいる実家のほうが安心かと思って)。結果、見つからず。
 だんだん落ち着かなくなっていく。

 そもそも、どれほど考えても、どこにおいたのか記憶にないんです。会員カードが届いたとき「クレジットカード自体は何枚かあるから、今更いらないよな。財布にカード入れて厚み出るのもいやだし」と困ったことまでしか記憶にない。
 しかもあいにく、去年は定期券も財布も買い替えているんですよね。もしかして古い財布のへんぴなポケットに入れていて、それに気づかずに捨ててしまったのではないか……といやな方向にばかり思考が飛んでいくん始末。

 やや沈んだ気持ちでアパートに戻り、改めて捜索開始。私はものの置き場所には一定の法則のようなものがあるので、必ず○○に関係あるものと一緒に置いているはずだという信念のもと、探し回り、ついに見つけたのでした。
 盗まれたわけじゃなくてよかったー(心底安堵)

 皆様もカード類の取り扱いにはくれぐれもご注意ください。

この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
月に叢雲 金環蝕
2012/05/21(Mon)
 金環日蝕の朝。いつもよりだいぶ早い時間に起きて、簡単に身づくろい。もそもそとパンを1個だけ食べて、外へ。
 うちのアパートは西南角部屋で東の空を見ることは不可能だったため、少し歩いて線路沿いまで移動します。東西に走る線路の上に、南北に歩道橋がかかっている場所があるんです。ここなら東にぽっかりすきまがあるし、空もよく見えるはず。
 近所の人が大挙していたらどうしよう、と思ったのですが、午前7時時点ではそれほど人がいませんでした。歩道橋の片側に人が一通り埋まる程度。ほっとしながら、太陽観察専用サングラスを取り出したのでした。
 ちなみにこの場所、後からどんどん人が押し寄せて、最終的には歩道橋は両側にそれぞれ人がびっしり並び、階段にも陣取る人も多くいました。押し合いへしあい、というほど混雑しなかったのですけどね(助かった)

 日蝕~金環蝕は、サングラス越しに、時折目を休めながらずーっと見ていました。厚い雲がかかるたびに「ええいっ、早く通りすぎろ」とじれるのもご愛嬌。金環蝕になった瞬間はすごく感動しました。金環日蝕の間で、雲が厚くてサングラスで見えなかったとき、近くから「雲がかかっているから今なら直接見られるよ」「うわーすごいね」という声が聞こえてきたので、そのときは思わず直接太陽を見上げてしまいました(てへぺろ)。雲ごしに見える金環日蝕も風情があって大変よろしゅうございました。

 日蝕が終わったら、名残惜しそうにしている人も大勢いたけれど、私は出勤のしたくがあったので帰宅。すばらしい一週間のはじめでした。これで今週も頑張れます♪

この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。