2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
入梅
2012/06/09(Sat)
 雨の中を歩く機会はめっぽう減りましたが、雨が窓ガラスを叩く音は今も好きで、窓から見える景色がけぶる光景も相変わらず好きです。

 全ての天気の中で雨が一番好き、と言っていた時期もあったものです
 (ものすごく奇異な目で見られたこともある)

 今はそれぞれの天気に好きなところ・イマイチなところがあることをよく知っていますが、それでもやっぱり雨は好きです。

スポンサーサイト
この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
月に叢雲 金環蝕
2012/05/21(Mon)
 金環日蝕の朝。いつもよりだいぶ早い時間に起きて、簡単に身づくろい。もそもそとパンを1個だけ食べて、外へ。
 うちのアパートは西南角部屋で東の空を見ることは不可能だったため、少し歩いて線路沿いまで移動します。東西に走る線路の上に、南北に歩道橋がかかっている場所があるんです。ここなら東にぽっかりすきまがあるし、空もよく見えるはず。
 近所の人が大挙していたらどうしよう、と思ったのですが、午前7時時点ではそれほど人がいませんでした。歩道橋の片側に人が一通り埋まる程度。ほっとしながら、太陽観察専用サングラスを取り出したのでした。
 ちなみにこの場所、後からどんどん人が押し寄せて、最終的には歩道橋は両側にそれぞれ人がびっしり並び、階段にも陣取る人も多くいました。押し合いへしあい、というほど混雑しなかったのですけどね(助かった)

 日蝕~金環蝕は、サングラス越しに、時折目を休めながらずーっと見ていました。厚い雲がかかるたびに「ええいっ、早く通りすぎろ」とじれるのもご愛嬌。金環蝕になった瞬間はすごく感動しました。金環日蝕の間で、雲が厚くてサングラスで見えなかったとき、近くから「雲がかかっているから今なら直接見られるよ」「うわーすごいね」という声が聞こえてきたので、そのときは思わず直接太陽を見上げてしまいました(てへぺろ)。雲ごしに見える金環日蝕も風情があって大変よろしゅうございました。

 日蝕が終わったら、名残惜しそうにしている人も大勢いたけれど、私は出勤のしたくがあったので帰宅。すばらしい一週間のはじめでした。これで今週も頑張れます♪

この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
レジ横で私を連れて行けと言われたので
2012/05/18(Fri)
 今から2ヶ月ほど前。お買い物に某量販店を訪れたとき、レジ横に大量の太陽観察専用サングラスが並んでいました。まだ日蝕の話が盛り上がる前だったので「そういえば日蝕あるって聞いたよな」くらいの気持ちで眺めていたのですが、私の視線に気づいた店員さんが声をかけてきました。

店:そのサングラスは日蝕を観察するのに使うんですよ。
私:へえ、そうなんですか。
店:なにしろ東京で完全な金環蝕が見られるのは、百数十年ぶりですからね。
私:めったにない機会なんですね。
店:ええ。今は日蝕サングラスいっぱいありますけど、直前には売り切れてしまうと思いますよ
私:(うわ営業かけてきたよ。でも仕事中だったら無意味だしなあ)
  日蝕って、いつでしたっけ?
店:5月21日ですね。完全な金環蝕が見られるのは7時半くらいです。
私:(朝イチということは仕事に間に合う!)これも買います
店:毎度ありがとうございます~

 そんなわけで、現在日蝕サングラス片手に21日の天気を気にしているところです。晴れますように。

この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
梅一輪 一輪ほどの 暖かさ
2012/03/12(Mon)
 三寒四温といわれる時期ですが、東京では先週極端に暖かい日があったせいか、梅がほころんでいるのを見かけました。

 桜もいいですが、梅も素敵ですよね。私にとって、春の訪れを実感させてくれる花です。

この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の星座
2011/11/17(Thu)
 旅行前は校了を間に合わせるために残業続きでしたが、旅行後は次号の原稿を印刷所(組版所)に入れるために残業続きです。今週はついに「職場最寄り駅の終電」に乗って帰る経験まで。営業さん、さすがに仕事量が許容量オーバーです……

 遅く帰るのはつらいですが、帰り道に夜空を見られるのは楽しいです。帰り道を歩きながら夜空を見上げて、中天に輝くオリオン座、その周囲をにぎやかにする星星を眺めるととても幸せな気分になります。秋は月が美しいけど星は少ないから(東京の場合)

 ここ1・2年(?)は職場にこもりっきりで季節の変化を感じることが少なくなっているので、夜空に心を癒されています。

この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天気図を読む
2011/09/21(Wed)
 台風が今回は首都圏まできて大荒れになりましたが、皆さんは平気だったでしょうか?
 私は台風が完全に去るまで職場にいたので(ふつーに仕事していた)無事でした。

 今回しみじみ思ったのが、理系のいる職場は心強いってこと。上司・同僚・先輩が天気図を見て、昼過ぎに「今日は早く帰れる人は4時までに帰ること。それ以降は台風が来るから外出禁止。残った人は8時までは社内にいるように」とお達しが出たんです。パートのおばさま方は早々に帰り、編集部の新人くんは編集部先輩たちに促されて早めに帰宅、お子さんが小さい事務の方もギリギリまで粘ったものの4時には帰りました。
 午前中から風雨とも強いとは思っていたけど、夕方になるとさらに勢いが増す一方。古くて細長いビルは風のあおりも強く受けるようでして、音はすごいし建物も揺れる。「地震か風かわからないねー」と苦笑いしながら黙々と仕事を続けていました。
 7時には職場界隈の嵐もだいぶ収まっていましたが、電車が動いていないので、みんな大人しく仕事続行。仕事が終わった人はテレビでサッカー観戦をして時間をつぶす。9時前に横浜市民が「そろそろ出ないと帰宅する頃には日付が変わるので」と退社し、私は9時半すぎに退社。地下鉄が復旧直後だったので、復旧してそこそこ時間の経過しているJR線の駅まで歩いて、そこから遠回りルートで帰りました。
 結局、雨に降られたのは朝の出勤時のみ。理系社員の天気図読解&解説の通りで、とても心強かったです。私は天気図ってさっぱり読めないので(……)すごいなあ、とひたすら感心した一日でした。

この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2011/09/03(Sat)
 再びごぶさたです。
 夏休み明けは、例年通り、仕事に追われています。

 今週は曇り空かと思ったら、短期間で大雨が降る……という繰り返しで厄介な天気でしたね。私は傘を持ち歩きつつ、華麗に雨のタイミングをよけて外出できていたつもりだったのですが、今日の夜ついに雨につかまっちゃいました。
 友達とごはんを食べていて「ラストオーダーです」と言われたのでそろそろ出るか、と代金を払ってお店を出て、玄関ホールに出たらどしゃ降り。周囲の様子(と友人のTwitter)によると、ちょうど今しがた降りだしたらしい。
 「お店出るタイミング間違えたねー」と苦笑いしながらガラスドアの内側で雨が弱まるのを待つ。徒歩30秒くらいの目と鼻の先に地下鉄の階段が見えて、そこにたどりつけばあとは地下通路ずっとたどって駅までたどりつけるのですが、その30秒のタイミングがなかなかつかめない。10分くらいうろうろして、ようやく「ときは今」とばかりに飛び出したのですが、徒歩30秒の距離でもだいぶぬれちゃいました。ゲリラ豪雨の猛威にはただただ溜息をつくばかりです。

 台風やら秋雨前線やらの被害が出てくるこれからの季節。皆様もお気をつけください。

この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏服
2011/05/22(Sun)
 冬服を大量に実家に持って行き、夏服を大量に実家から持ち帰ってきました。
 アパートに残してあった夏物はあまり多くなかったので、同じ服の着回しになってしまっていたのですが、これで一安心です。
 さあ、夏よ来やがれ。

 ところで、今年の夏の計画停電ってどうなっているんでしょうか?
 夏はさすがに東京23区も計画停電やるのでしょうか。「やる」と口先で言っておいて、やっぱりやらないオチになりそうな気もするのですが。冷蔵庫の中身のためにクーラーボックスでも買いに走ったほうがいいのかな。
 そして何より、暑がり汗っかきの私に、エアコンなしの生活が耐えられるのか、とても不安です。

 ……耐えるの、無理な気がする……(ヘタレ)

この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東北地方・太平洋沖地震
2011/03/12(Sat)
 昨日の地震は相当なものでしたが、皆様大丈夫でしたでしょうか。
 職場にいたときはあまりニュースが入らず、帰宅してからあまりに甚大な被害を知り呆然としました。今更ながら怖いですね。
 私の場合は、職場はともかく、自宅は案外被害がありませんでした。実家も弟ズの部屋以外は被害軽微と聞いています(弟ズは部屋に物が多すぎる)。アパートの部屋は10分くらいで復旧できたので、今日は実家に顔出して様子を見てくるつもりです。

 亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
 被害者の方々の一刻も早い救助を心より願っています。

 また、余震も、この地震に連動したような地震も、まだまだ見られるようですので、皆様くれぐれもお気をつけください。

この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
観葉植物の花
2011/02/21(Mon)
 職場でほぼ枯れかけていた観葉植物に、ちょこちょこお水をやるようにして、なんとか蘇生させたのはどれくらい前でしょう。その後も多少はお世話を続けています。週に1~2度お水をやったり、枯れた葉をちぎったり……という程度なので、最低限の世話なのでしょうが。
 その観葉植物のある枝(?)の先がふくらみはじめたのは1月下旬。「これってもしかしてつぼみかな?」と思っていたら、2月になってつぼみが開き、花っぽいものがつきました。観葉植物(うちの職場にあるのは「幸福の木」とか言われる類)に花がつく、という話は聞いたことがなかったのですが、まあ、それなりに世話をしてあげたから花が咲いたのかしら~♪ とネットで調べてみたところ

 「観葉植物に花が咲くのは、その植物が(生命の)危険を感じているときです」

 という説明を見つけてしまいました。種を残そうとする感じなのでしょうかね。そうか、やっぱ最低限のお世話だけじゃダメか。冬はエアコンもきついもんね。霧吹き(葉水)もこまめにしてあげるべきだったよね。反省。
 花の香りはイヤなニオイ(らしい)し、栄養を花に吸い取られてももったいないので、速やかに摘んでしまいなさい、と書いてあったので、はさみで切ってしまいました。でも、今思い返せば、写真だけ撮っておけばよかったかな。
 今後はもうちょっと観葉植物のお世話をしようと思った出来事でした。

この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。