2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
距離
2012/05/16(Wed)
 宝塚友の会というところは、公演ごとにタカラジェンヌさんを数人招いたトークショーをやっています。今までは無関係だったのですが、昨秋うっかり入会しちゃったし(ひいきの正月バウ公演チケットがどうしても欲しかったんです。あれは一般発売だと瞬殺される確信があったから)、今回のトークショーにひいきのお名前があったので、申し込んでみました。そうしたらあっさり当選(席は悪かったけど)。仕事帰りに大手町まで足を延ばしてきたわけです。

 トークショー自体は、面白かったです。公演のいろんなエピソード聞けたし、生徒さんも楽しそうにおしゃべりしていたので、楽しい時間になったなら良かったと思います。
 ただ、お茶会とかも参加経験のない私には、宝塚の生徒さんがしゃべっているのを(わりと)近くで見るのは初体験で、ドキドキした反面、どうしようもない距離を感じました。

 宝塚って出待ち・入り待ちがあったり、お茶会があったりで、普通の俳優・女優さんよりファンが近くで接する機会の多い世界(多分)です。だから「案外身近な存在」だと思っていたけど、実際に接したら「やっぱり遠い存在」だと思い知ったというか。
 最後に出演者の皆様でお見送りをしてくださったのですが、その笑顔はあくまでも「お客様」に対する丁寧な笑顔。対面して微笑んでいただけることの喜びをかみしめつつ、同じくらい遠さを感じて悲しくなっていたのでした。
 期待しすぎた私が悪いのはわかっているけど……

 ただ、私のような考えの人は少数派だと思います。大半の方は素直に楽しんでいたはずです。帰りのお見送りを待っている間、近くの席の10代の女の子が喉を潤しながら「千秋楽まで頑張ってくださいって絶対に言う!」とはしゃいでいたし。世間一般のヅカファンの愛情はそれほどに強く、しなやかで、たくましいみたいです。うらやましい(嘆息)

スポンサーサイト
この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ドン・カルロス(ヅカ版)&シャイニンリズム
2012/05/06(Sun)
 連休中に雪組公演を2回ほど見てきました。1回は初めてのSS席で、皆さんのお顔もよく拝見できる素晴らしいポジション。もう1回は2階S席で、これまた最前列センターという良席(舞台は2階から見ると印象が変わることが多いので)。

 前回階段降りとかでやや不遇な印象を受けたひいきが、今回はめちゃくちゃひいきされていました。演出家の先生によって重用する生徒が変わるものだけど、今回は芝居でもショーでも大事にされまくり。花組で何度かお世話になっている先生だったからかな。嬉しいけど、よかったのかしら(ドキドキ)。

 感想はものすごく長くなったので、興味のある人だけどうぞ。ネタバレ全開です。

この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
インフィニティ 限りなき世界
2012/01/15(Sun)
 これを書いているのは実は5月ですが、観たのは1月14・15日なのでこの日付でUPします。
 まっつ初バウ! というわけで、ファンとしては万難を排して行かざるを得なかった公演です。宝塚まで行くのは人生二度目でした(一度目は『エリザベート』を一日も早く生で見たくて我慢できなかったため)
 でも、わざわざ行く価値のある、素晴らしい公演でした。宝塚さん、まっつにこんな素敵な舞台の機会を与えてくださって本当にありがとうございます。

 以下、ネタバレ感想。

この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
復活/カノン
2012/01/14(Sat)
 宝塚観劇報告その1。
 花組さんの大劇場公演で、お芝居がトルストイ原作の『復活』、レビューが『カノン』という新作作品です。
 以下、簡潔な感想ながらネタバレ注意。

この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2011年度観劇まとめ
2011/12/22(Thu)
 実は昨日の舞台チケットが一枚あったのですが、既述の通り体調不良だったため観劇を見合わせました。評判もイマイチのようだったから、いいかなと。
 そんなわけで、今年の観劇のまとめです。

この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
好きなところもあるけれど盲目的には愛せない
2011/11/06(Sun)
 二回目の観劇をしてきました。
 今回は貸切公演だったので銀橋場面の正義のヒーロー場面が「阪○交○社!」ってキメセリフで大笑いさせてもらいました。また、2階席から見たので、前回わからなかった場面もいろいろ見られたのは良かったと思います。ダルタニアンとルーヴォアの会話の背後で影絵があるのはじめて気づいたし、ショー後半の上手の贔屓さんもいっぱい見られて楽しかったです。2回目の観劇で、前回見られなかった分を補えたという意味では、おおむね満足しています。

 その上で、前回芝居で理解できなかった疑問点を解消し、その理由を考察したところ「宝塚のシステム」になじめないせいだろう、という結論に達し、微妙な心境になりました。

 以下、ぐだぐだした感じなので興味のある人だけどうぞ。

この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カナリア
2011/11/05(Sat)
 今日は仕事入れずに舞台を見てくる予定だったのですが、昨晩片付かなかった仕事があったので、午前中は自宅で仕事をして、昼過ぎに職場に出かけてメールと宅配便を出して、それからミュージカルを観てきました。土曜日にわざわざ出社して40分で帰るって、ものすごく時間の無駄遣いですよね。

 今回見たのは宝塚花組の『カナリア』。10年ほど前に上演されたコメディです。人気があるらしく、私も名前は聞いたことがあります。
 以下、相変わらずネタバレ配慮なしの感想。未見の方はご注意を。


この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
眼福で至福
2011/10/23(Sun)
 宝塚・雪組観劇してきました。
 今回は『仮面の男』(芝居)/『ROYAL STRAIGHT FLASH』(ショー)の2本立てです。2本立てだとお芝居の時間が短い(=ストーリーがじっくり描く時間がない)ため「観たい作品」になることはあまりなかったのですが、贔屓のためならえんやこら、です。
 今回は後輩のこともあって、高校時代の部活の友人に声をかけて、一緒に観劇しました。宝塚公演を人と一緒に観るのは久しぶりです(宝塚ってよくも悪くも「好き嫌いが分かれる」ので、「金返せ」と思わないと確信の持てる人でないと誘えない)。ちなみに友人は初・宝塚です。

 観劇に先立ち、三銃士および仮面の男の予習というか復習。三銃士(ダルタニヤン物語・第1部)を本で読み、ダルタニヤン物語全部のあらすじ(ダルタニヤンが死ぬまで)をインターネットでチェックして、『仮面の男』(ディカプリオ主演)のDVDをレンタルする。一緒に観る友人がフランス好きで、デュマ作品はかなり詳しいので、彼女から話をふられてもちゃんと返事ができるように、最低限の知識はしっかりつめこみました。
 『三銃士』は改めて読むと楽しいですね。第1部が一番四人の友情が厚くて楽しいかな。最後の方のあらすじを読むと、ポルトスの扱いの悪さとか、アラミスの変わりっぷりとか、アトス父子の最期とか悲しすぎて。映画『仮面の男』は初めて見ましたが「とんでも設定」なりに面白かったです。三銃士が中年になっても全員かっこよくて、ダルタニアンも一人で思いを抱えて戦う姿がすばらしかった(最後は切ないけど)。ルイーズがイヤな女に成り下がってなかったのもほっとした(原作は史実との関係のせいか、○○との断ち切れなかったから)。ルイとフィリップの一人二役も面白かった。

 ただ、宝塚版の『仮面の男』に、映画関係で権利を得たような説明が一切なかったので、映画と「同じ」にはならないだろう、と聞いていました。それは承知の上で、出かけたわけです。

 以下、ネタバレ注意。

この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昔なつかしい(?)宝塚
2011/10/16(Sun)
 今回は久しぶりに花組さんを観劇してきました。
 『小さな花がひらいた』は1971年初演の和モノ(時代劇)で、山本周五郎の『ちいさこべ』が原作になっています。ショーは『ル・ポァゾン』といって、こちらは1990年初演らしい。見ていて、確かに最近の公演とは色合いが違うなあと思いました。

 以下、ネタバレ配慮一切なしの感想。


この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
どこに頼んだ?
2011/09/30(Fri)
 『ロミオ&ジュリエット』の公演で、少しでも良席のチケットを入手したくて、あちこちのチケットサイトで申し込みを試みた自分。初日公演は使っているクレジットカードの関係で早々に引き取ったのですが、千秋楽公演のチケットは直前まで放置していました。で、いざ引き取ろうと思ったとき、どこで申し込んだか忘れていることに気づいたのです。
 都合の悪いことに、その数日前にメールボックスの整理をしていてチケット会社のメール(DMが多い)は大量に削除したばかり。お手上げ状態ですが、お手上げなりにあがこうと、各興行会社のウェブサイトに行く。


・チケットぴあ……会員ページの購入履歴で申し込んでいないこと確認
・イープラス……同上
・ほりプロオンライン……同上
・ACTシアター……購入履歴ページ見つからず

 で、履歴がわからないってことは買った可能性高いかな、買ったならカード決済だろうな、と赤坂のACTシアターに行ったときに、チケット発券機に自分のクレジットカードを通してみたんです(この劇場のチケット発券機は、決済をしたカードを通すことでチケットが出てくる)
 ピピッ………………カシャ

 てーてれれてーっ(効果音)
 すみハ 「ちけっと」ヲ げっとシタ

 私のあてカン大正解! おめでとう自分! ありがとう自分!
 昔はチケット買うたびに細かくメモしていたのですが(席番さえわかれば、最悪「チケットお忘れ」扱いで入れてくれる劇場が多い)、最近はそれをさぼっていました。反省して、今後はもう少しまじめにチケット管理しようと思います。高い買い物だし。

この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。