2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
感想文
2012/02/25(Sat)
 今の仕事をはじめてから、ブログに本(小説・新書)の感想は書くのを極力控えています。いつ気が向いて仕事に使うかわからないから。どこの会社のテスト作っているとかは書きません(頑張って隠そうとしています)が、テストを受ける学生さんたちが見つけて「最近のテスト作る人はこういう作家の本を読んでいるんだな」とヒントにされたら怖いですものね。

 でも漫画なら書けます(笑)

 つまり、何が言いたいかというと、本日買ってきた『百姓貴族』の2巻がたいそう面白かったということです。作者のお父さんは本当に恐ろしいと思うんだ(いい意味で)

スポンサーサイト
この記事のURL | 漫画・アニメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
No.6
2011/09/16(Fri)
 今シーズンはアニメをろくに観ていなかったはずなのですが、真夜中にテレビをつけたら同じ番組の放送時間だった……ということが続いて、後半だけ見ていました。ノイタミナ枠・あさのあつこ原作小説のアニメ化作品です。

 まず、話の本筋と関係ないと百も承知で書きます。
 無粋は百も承知で言いますが、「あさのあつこ」さんがBL系もいけることが確定して微妙にショックでした。「バッテリー」(私が読んだことあるのは1・2)はさわやか少年野球ものでしたし。女装漫才の話をちらっと図書館で読んだときに、違和感はあったんですよね。あの予感が当たっていたとは。入試の題材として使われることも多い、まっとうな文章書きさんなんだけどな。そして、思春期以上の年齢の男の子がいるはずなんだけどな……息子さん、ショックでないんだろうか(超余計なお世話)

 BLっぽくなる(淡く、ですけどね)と知らずに見ていたのですが、そんな雰囲気もあると知った後も見ていたのは、声優目当てでした(てへ・蹴)。昔ゲームで覚えて気になったけど、その後なかなか名前を見なかった人が、メインどころにいたら気になるってもんです。作画はボンズの安心クオリティだったし。
 少々荒削りなところはあったものの、売り出すつもりの声優さんなんだろうなあ、と思っていたので、着実にキャリアを積んでいるなら嬉しいです。がんばれ。

 お話自体の感想は……後半しか見てないから、書きにくいなあ。アニメが全13話しかないからだいぶはしょっているらしいし。なので感想は省略。以上(えーっ)

この記事のURL | 漫画・アニメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オススメ漫画
2011/09/10(Sat)
 土曜日に本来の出勤日でもないのに仕事に行き(まあ朝イチからじゃなかったけど)やれどもやれども仕事が終わらないことに青息吐息。気分転換とばかりに、もう1人残っていた後輩女子と「読み応えのある漫画(少女漫画中心)」について暑苦しく語り始めてしまいました。
 彼女は『彩雲国物語』が終わって以来、心のよりどころを失っているらしくて。「連載が完結しているもの限定」という条件で提示を求められたんだけど、私も知っているのはメジャーどころばかりで難しかったです。

後輩:『BASARA』は良かったですよね。あの作者(田村由美)さんが次に連載した……
私:『7SEEDS』はまだ連載中だよ。あれは、完結してから読むと決めているから、私もよく知らないけど
私:絵がやや古くてもよければ『彼方から』とかも好きだよ。異世界ファンタジー。イザークがカッコイイんだ
後輩:イザークというのは何となく覚えています
私:終わったのだと『輝夜姫』は怖かったなあ。同じ作者(清水玲子)さんなら『月の子』が好き
後輩:『月の子』は知らないです。どんな話ですか?
私:(あらすじ説明)。古いけど、舞台がその年なのはちゃんと理由があるから
後輩:参考にします。
私:連載中でもよければ『プレゼントは真珠』とかコメディで楽しいんだけど。少年漫画なら『進撃の巨人』とか人気だよね
後輩:だから連載中のものじゃなくて。他どうですか?
私:うーん、うちの本棚思い返すから待って……あ、『観用少女』とか『OZ』はオススメ
後輩:樹なつみは『八雲』『悪魔聖典』は読んでいますけど、そっちは知らないです
私:そう? 私はあの作者なら『OZ』が一番好きだわ
後輩:へえ
私:そうだ。『イティハーサ』は? 古代の話で、ハッピーエンドと言えるか難しいけど
後輩:なんですか、その気になる言い回しは

 やや古めの作品を結構紹介していた気がします。彼女もヲタなお姉ちゃんがいるので私が言ったものをすでに知っていることが多かったかな。難しい(苦笑)
 ただ、お互いに好きな作品の話をキャイキャイできたのはちょっと楽しかったです。仕事ほったらかしにしちゃったけど、ストレスゲージはだいぶ減りました。満足。


 追記。

後輩「すみさんって、主人公の恋愛相手が気に入らないと厳しくなりませんか?
   彩雲国でも王様批判してましたよね(初期の感想で子犬属性と伝えたことがある)」
私「!(はじめて気づいた)」

 私は登場人物単体より登場カップリングで萌える人間だと再確認しました。
 ハガレンのロイアイみたいに、素敵カップルが出てくる漫画ないかなあ……(遠い目)

この記事のURL | 漫画・アニメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハガレン映画
2011/07/02(Sat)
 特典の11.5巻が欲しいためだけに、初日に行ってきました。
 特典なかったら、正直、レディースデイしか眼中になかったと思います(最初の水曜日なら確実に残っていただろうけど)

 新宿の映画館で観たのですが、私の知らない間に改装されていて、すっかり綺麗になっていて驚きました。最近はどこの映画館もオシャレで椅子の座り心地もよくていいですね。ただ、飲食物は対面式の販売のみなのか、自動販売機を見かけませんでした。ペットボトルの方が楽なんだけどなあ(持ち帰れるし)

 映画の感想は後述。

 映画を観た後に映画館を出たら、お向かいのアニメイト(旧さくらやホビー館)がオープン初日だったようで、整理券を配るほど繁盛していました。せっかくだから中をのぞいてみようと整理券をもらったら、印刷されていた時間は約2時間後(うわあ)。仕方ないので、お昼ごはん食べて、隣の本屋で時間をつぶして、改めて訪問。
 店内は、さほど広く感じられませんでしたね(池袋店に慣れてしまうと特に)。さくらやホビー館のときは、狭いと思わなかったのだけど、扱うコンテンツに差がありすぎるせいでしょうか。グッズの類は、最近はまっている作品がないので「今はこういうのがあるんだなあ」と思って流した程度。CD/DVDゾーンは通り過ぎただけ。ゲームは初日からセール品があったけど、私がやりたいものはなかったのであきらめる。コミック・ライトのベルはいろいろありましたが……目と鼻の先にでっかい本屋があることを考えると、そこまで魅力的な作りではなかった気がします。むしろ「これから本屋と客の奪い合い始めるんだろうな」と微妙な気持ちに……
 オープン記念なのか、ハガレン(映画)とテニプリ(映画)の台本がガラスケースに入れて飾ってあって、それを見られたのはよかったです。

 では、改めて感想など。ネタバレ注意。

この記事のURL | 漫画・アニメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
メダパニ状態
2011/04/02(Sat)
 『僕は君に恋をする』という平井堅の歌を聞いたんです。
 最初に接したのは女性のカバーversion。サビの言葉がいいなあと思って元曲さがしたんですね。そして平井堅の声でさらに打ちのめされたと。
 「バカだな」って言い方が大好きです。優しすぎて。

 歌の感想は置いといて。

 この歌が『僕の初恋を君に捧ぐ』って少女漫画を映画化したときの主題歌って本当ですか? ってことは、この歌詞だと、漫画と終わり方違うってことですか?? 漫画は、なかなかご都合主義だな~と思って読んでいたのですが(ただし漫画でも結婚式のシーンの両親への挨拶はすごく好き)、映画では……えええええ???
 映画化したら、ストーリーが原作に忠実でなくなるのはよくあることですが、なんかキツネにつままれた気分です。真実やいかに。

この記事のURL | 漫画・アニメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
読み応えのあるマンガ募集中
2011/02/05(Sat)
 うちの近所のレンタルCD屋さんは、コミックレンタルもやっています。なかなか使う機会がなかったのですが、先日思い立って、手を出してみました。以下、借りたものをあげてみると

・黎明のアルカナ(1~5巻/小学館・Cheese連載だったかも?)……洋風ファンタジー
・暁のヨナ(1~3巻/白泉社・花とゆめ連載)……朝鮮ファンタジー

 このチョイスに、自分がいかに重厚なファンタジーものに飢えているかを思い知らされました。読み応えのある作品が読みたいのですよ。アイ・ウォント・骨太ストーリー漫画。恋愛エピソードも豊富だとなお可(笑)
 『黎明のアルカナ』は通勤路の本屋で平積みにされていて、ずっと気になっていた本です。今のところ上手いと思います。キャラも好きだし。テンポが遅いのと、伏線の張り方がヘタ(わざとらしい)のが改善されたら、もっといいんだけど。
 『暁のヨナ』は、最初の数話を雑誌で立ち読みして挫折した話だと、読んでから思い出しました。こっちはキャラが素敵。主人公もいいが、護衛の元将軍が素晴らしい。じーさんばーさんもツボ。展開が速すぎるのと、作者が描きたい話がそれほど重厚でなさそうなのが切ないけど。もっと深く掘り下げた話を描いてくれてもいいのに(涙)
 ワガママ書いていますが、全部面白かったです。とりあえず『ヨナ』は雑誌立ち読みに戻ります。アルカナはまた数巻たまったら一気読みしよう。


 『鋼の錬金術師』が終わったとき、読者がどの作品に流れていくか、というのを読んで笑った覚えがありますが(別マガの『進撃の巨人』がその受け皿としてよく聞きます)、本当に「受け皿」欲しいですよ。絵だけでなく、萌えだけでなく、重厚な世界観や丁寧な人物描写、そして深いストーリーの作品が。
 どっかに重厚なストーリーものありませんかー。誰かオススメあったら教えてくださいー。少女漫画に限らなくていいので(笑)

この記事のURL | 漫画・アニメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一番くじ@コンビニの500円くじ
2011/01/08(Sat)
 ときどきコンビニで、特定のアニメ作品のグッズを集めた「1口500円」のくじ引きをやっていますよね。ワンピースであったり、けいおんであったり、エヴァであったり。色々な作品が次々とくじの対象になっていくのを見ると、それなりに人気があるのかもしれません。私はやったことないけど。

 昨年12月は、ハガレンの一番くじが展開されていました。うちの地元でも複数のコンビニに景品が置いてありました。いくら人気作品とはいえ、アニメも漫画も終わってずいぶんたつ作品を今更ターゲットにして、どれほど客が見込めるのだろう、とくじ引きを置いているコンビニに入るたびにチラチラ見ていたものです。年明けすぐくらいまで、店頭の目立つところにあったんじゃないかな。
 そして昨晩。近所のコンビニのひとつに寄ると、半額値引きコーナーに、そのグッズの「選ばれなかった品々」が乱雑に置かれていました。フィギュアはなかったのですが、クリアファイルとか携帯ストラップがゴロゴロ並んでいる。そうか、一番くじは各店舗買い取りで、ハガレンくじは売れなかったのね……と妙に切ない気分になる。「半額」と書いてあったけど、貼り付けられた値札は「200円」でした(60%OFF)
 200円=ゲーセン1回分か……それなら。

 というわけで、我が家にシャオメイ(大熊猫)がやってきました(笑)
 フィギュアは興味ないし、グッズも使いにくいけど、シャオメイのぬいぐるみはサイズ小さいし可愛いからいいかな、と。あのままコンビニでさらされているのも可哀想だし。

 このブログを書くにあたって「一番くじ」の公式サイトを見たのですが、色々あるグッズの中で『夏目友人帳』が一番可愛いと思いました。ハズレなしって感じで。すでに発売されるらしい。
 そういえば、以前電車乗ってたとき、大きなニャンコ先生のぬいぐるみを嬉々として抱えてコンビニから出てくる女の子を見たことがあったけど、あれも一番くじの景品なんだろうなあ。ニャンコ先生人気、おそるべし。

この記事のURL | 漫画・アニメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
数年ぶりに
2010/08/14(Sat)
 ふらっとコミケに行ってきました。

 もう何年も行っていなかったので今更大した情熱はないのですが、『鋼の錬金術師』の最終回がストーリー的に大団円で満足でも、ロイアイ的にちと物足りなかったので。ファンの熱意で素晴らしい二次創作が読めればいいな~と。
 情熱不足&睡眠不足(=寝坊)のため、会場の最寄駅到着が10:15だったのですが、列がするする動いていて、30分後には東館に入場できていました。タオルも凍らせた500mlペットボトルも汗拭きシートも全部無用の長物。ええっ、最近のコミケはこんなすぐに入場できるの? 晴海時代、始発組経験者としては驚きのスピードでした。せっかく待ち時間に備えてDSも持っていたのに……

 実家帰ったときに弟にカタログ見せてもらっていたので、目的地にも迷わず到着。前アニメシリーズのときには大隆盛を誇っていましたが(男女カプのブースでさえ前にも後ろにも全然進めなくて大変だった)、今はけっこうこじんまりとしたジャンルになっていました。もちろん、他の漫画(ジャンプ系は除く)に比べれば、今でも大きいですけど。時代だなあ~。
 ロイアイスペースは島2つ分くらい。久しぶりだったので最初は感覚がつかめず、おそるおそる本を手に取り、ざっと見てすぐにすぐ買ってしまっていたのですが、2・3サークル回った時点で「これではいくらお金があっても足りない、どうせ私が満足する本なんて少ないのに」と思い直し、軌道修正。絵が綺麗なだけ、本が薄くて内容が薄そうな本はほぼ全部スルーしました。行列のできているサークルさんでも、並んだすえに試し読みしたものが気に入らなければ静かに本を戻して一礼して去る(スレイヤーズにはまっていた頃の私を知る人が見たらびっくり間違いなしの厳選態勢)。最終回後の妄想本があるとすれば、薄い本の方が多かったんじゃね? と気づいたのは買い終わった後なのですが(苦笑・でも当初目的と変わっても、内容薄い本に満足できたとは思えないので、結果OK)
 ゆっくり会場を歩いて、やや分厚めの小説本を数冊(濃厚ストーリーの期待を込めて)と、アンソロジー系を数冊(玉石混淆の「玉」に期待を込めて)と、コミケ通っていた頃に好きだったサークルさんの本を数冊購入。30分くらいで済んだんじゃないかな。その後ベンチに座って中身を整理して、(花火大会で混雑する前に帰るため)12時前にはバスで座って会場を後にしました。
 その後、東京駅でバスを下車して、目の前にあった北海道アンテナショップに吸い込まれてチーズケーキ(テレビ番組で高評価だったのを見て興味あった)をゲットして、東京駅の地下の駅弁コーナーでいろいろ見比べて駅弁を1つ買い(お昼ごはん)、「旅行帰り」な外見でおうちに帰ったのでした(笑)

 戦績。うーん、勝率3~4割?
 昔好きだったサークルさんはやっぱり良かった。アンソロジーは大好きだった作家さんの作品が混ざっていた3冊はアタリで、それ以外はハズレ。ギャグ本は3割くらいは残しておいてもいいかと思えたけど、残りは全部一回読んで満足した。分厚い小説本は短めのストーリーの再録本で濃厚なストーリーが楽しめず残念。
 気に入った数冊(10冊未満)を残して、残りは近いうちに古本屋さんへ持って行くと思います(厳選主義)。新しい持ち主のもとで、幸せにおなり。

この記事のURL | 漫画・アニメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
同室→二毛作or二期作→ひげ→映画!?
2010/07/04(Sun)
 本日はハガレン最終回。
 1年3ヶ月と1週間、キャストの皆様もスタッフの方々もおつかれさまでした。

 冒頭から大佐と中尉が同室なのに驚き、大佐の部屋に訪れて病人だから空きベッドに座らされただけか、いやでも警護を考えたら同室がいいのか、いやいやでも未婚の妙齢の男女を同室にするのか、とものすごい勢いでいろいろ考えちゃいました(苦笑)。ま、どっちでもいいんですけど(いいのかよ)。それより二期作と二毛作の違いの方が気になって仕方ありませんでした(大佐の答えが正解ではないかと)。イシュヴァール復興をマルコーに頼まれず自分で決断するアニメ版もありだと思います。ただ、賢者の石の使い方は、あの説明だと大佐のは人体錬成が必要って伝わらないのが心配。ハボックを石で治したのは映画のためかと思ったのですが、どうかな。
 あと、エンディングの写真がマスタングにちょびひげがついてて目をむきました。超似合ってない。せめて違うタイプのヒゲにしたらいいのに。アニメスタッフが原作漫画コンテを見て勘違いしたのか、それとも漫画でもつけてたけどペン入れしてあまりの姿に修正したのか……どちらでしょうね。熱烈大佐ファンの中にはあのヒゲにお怒りの方もいるようですが、私は失笑&苦笑しながら見ていました。そういう似合わないマヌケな姿をさらしちゃうところも、大佐らしくていいと思うんだけどなあ。

 主人公サイドも少し。故郷に帰って三人が再会できたシーンはジーンとしながら見ていました。本当に良かった。エドの余裕のまったくないプロポーズは、にまにましながら見てました。いいなあ、若くて初々しくて。末永くお幸せに。

 最後に出てきた「映画化」の話は、正直、喜びと落胆の気持ちが半々です。金のなる木は手放さないぞ的なものを感じちゃって。製作スタッフのTwitter見て、この作品がどれだけ愛されているかをひしひしと感じていただけに、原作とテレビで最後まで描ききったんだからいいじゃん、と。……まあ、それでも、観にいきますけどね。
 映画のストーリーはどんな風になるんでしょうね。私の勝手な予想は、今のところおもに2種類。ひとつは「約束の日」の総集編。製作費安くて済むし、客入りが少なくても許されそうだし(視聴率みる限り、前回の映画ほどの観客動員は無理でしょうからね)。もうひとつは「2年後。アメストリスとシン国の条約締結」のエピソード。アニメの最終回でシンとの交易が始まったことを全てスルーしてたし、エドが「あいさつまわりから帰ってきて疲れてる」と言ってたので。エドとアルのあいさつ回りと、両国の交流を混ぜれば、全キャラ出てこられそうだし。
 秋頃から少しずつ具体的な話が出てくるかな。楽しみにしています。

この記事のURL | 漫画・アニメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハガレン最終回。
2010/06/11(Fri)
 『鋼の錬金術師』が終わっちゃったよ……

 ネタバレはガマンできずに見ていました。
 それでもガマンできず、発売日前日に午後半休をとって雑誌を早々にゲットしました。

 ああ、本当に終わっちゃったよ……


 いろんなことが思い浮かんでは消えていく状態なのですが、とりとめない叫びをいくつか(以下ネタバレ注意)

この記事のURL | 漫画・アニメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。