2006 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
年の瀬
2006/12/30(Sat)
 28日に無事に仕事が終わり(翌年に持ち越したものも多少ありますが)、29日は友達と遊んでたので、30日になってやっと年賀状を書いていました。投函が31日になるので、届くのはちょっと遅くなりそうです。スイマセン。

 年賀状を書くために色鉛筆とかを出してたとき、ふとパスポートが目に留まったんですね。何気なく開いてみたら、期限が「DEC 2006」。え、今月? ここ3,4年は全く海外旅行してないから、期限なんて気にしてなかったので、びっくりしました。

 一瞬慌てたのですが、すぐに
  ・今日・明日で市役所と写真屋と都庁(パスポート発行してくれるところ)に行くのはメンドい
  ・直近で海外に行く予定がない
  ・前回もパスポート期限切れで失効しているから、あまりショックではない
と考え直して、あっさり更新をあきらめあました。次に海外に行くチャンスが生まれてからどうにかします。そんな機会が早くあるといいなぁ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リフォーム計画
2006/12/24(Sun)
 引越し予定先のおうちのリフォームについて全て決めて、本日契約が無事に終わりました。工事は来年の1月で、引越しは早ければ1月末、遅くても2月中ということになりそうです。
 そんなわけで、年賀状を送ってくれる予定のある方は、現住所にお願いします。私から出す年賀状には新住所書く予定……ですが、今週末は年賀状やらないで終わっちゃった。あはは(汗)

 中古といっても、築10年未満なので、それほどボロいわけじゃないんです。当初、何も直さなくても住めるだろうと両親も考えてたくらいだし。でも、せっかくのリフォームの機会。長年住むことになるのだろうし、どうせ住むなら……と「壁紙は変えた方がいいね」「風呂場はもう一回り小さいものに変えても(※脱衣スペースがほとんどなかった)」「和室は洋室にしよう」「キッチンコンロも変えたい」などとやっていたら、あっという間にふくれあがってしまいました。終盤、予算オーバーが確定してくると父はあからさまにやる気をなくしてました(苦笑)。ごめんね、父さん。
 しかし、リフォームって心ときめきますね。お風呂とか壁紙とか床とかのカタログがどっさり届いて、母親と二人で白熱した議論を展開していました(男連中は「何でもいい」が多かったので)。私の意見は通ったものも通らなかったものも色々ありますが、楽しかったです。
 もちろん「楽しかった」といえるのは、決めるべき項目が少なかったから、というのもあると思うんですけどね。一つ一つの項目が細かすぎて、めまいがしたのも事実ですから。あれ以上細かく決めることになってたら、私も暴れてたかもしれません。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年の観劇総括&『ロープ』
2006/12/21(Thu)
 水曜日に見てきた『ロープ』で、今年の観劇がすべて終了しました。せっかくなので、去年と同じように集計してみました。

  今年の戦績……25演目30公演。
 (去年の戦績……22演目34公演)

 総数は去年よりやや減りました。「通った」公演がなかったから、演目数は増えてますね。今年はミュージカルよりストレートプレイが多かった気がします。

  最もよく見たで賞     ……『ベガーズ・オペラ』『ダンス・オブ・ヴァンパイア』(各3回)
  最も考えさせられた演出家 ……ケラリーノ・サンドロビッチ(『労働者M』『カラフルメリィでオハヨ』『噂の男』)
  笑いだけならピカイチ   ……『残酷な神が支配する』(シベリア少女鉄道)
  ダンスが魅力的      ……『クレイジー・フォー・ユー』(劇団四季)
  今年のマイ総合優勝    ……『メタルマクベス』(劇団☆新感線)

 というところかなぁ。個人的に今年は「これはアタリ!」ってのはなかったです。ミュージカルよりストレートプレイが多かったせいでしょうか(ミュージカルの方が好きなので)
 最も通ったのはどちらも東宝(帝劇)公演ですが、演目が良くてチケ増やしたわけでなく、前売りの時点でいっぱい買ってたからです。どちらも2回ずつでも良かったかなぁ(すべて違う席種で比較できたのは良かったけど)。年末の『MA』といい、今年の東宝の新作ミューは個人的には、どれも「そこそこ」でした。来年に期待しよう。
 演出家のケラさんは、最初に見た『労働者M』は「???」だったのですが、何度目かの再演になる『カラフルメリィでオハヨ』は本当に秀逸でした。あんだけ笑わせて切なくさせてくれるストレートな作品はあまりないと思う。人間をとても愛しているやさしい作品だと思います。その後、夏に見た『噂の男』は正反対なダーク色でしたけど(苦笑)、あっちはあっちで難しくも面白かったし。今年の収穫。
 『残酷な神……』はオチで笑わせてもらった。『クレイジー』はダンスが売りのミュージカルではないかもしれませんが(カップルで見たいミューでダントツ一位だったらしいし)、あの振付師のダンスは個人的に好きなので。何でも使って踊っちゃうし、踊ることが楽しくて仕方ない、という雰囲気が素敵だったと思います。
 総合的に一番良かったのは『メタルマクベス』。順当なところですが、やはりこれが一番気に入りました。原作(?)がシェークスピアで、新感線とクドカンのコラボで、役者も上手な人集めて、ガツンとみせてくれました。感謝。


 以下、今年もNODA-MAPでしめくくりとなった『ロープ』の感想を。
この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
誕生日。
2006/12/16(Sat)
 本日は私の二十代最後の誕生日でございます。おめでとう自分。ありがとう自分。(いっててちょっとむなしい・苦笑)

 誕生日とはいえ、だれかが特別に祝ってくれるわけではないので、今年も家族でケーキを食べてました。あ、今年は珍しくワインがついてました。──が、母が生協で注文したので、味は……って感じでした。ごめんなさい母上、気持ちだけありがたく頂戴します。
 友達からは何人かお祝いメールをいただきました。あと、少し前になりますが、今月初旬の忘年会で友達が「ちょっと早いけど」とマフラーをプレゼントくれたので、愛用しています。白くてふわふわで可愛くて、かなりお気に入りです♪

 この年まで無事に生きてこられたことに感謝を。
 私を支え、生かしてくれるすべての人たちに感謝を。
 そして、この新しい一年、私のめざす私に向かって、少しずつ邁進していけますように。
この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ノロ?
2006/12/13(Wed)
 ごぶさたです。

 先週は怒涛の校了週で、綱渡りスケジュールで戦ってました。仕事だけでなく、退職される事務のお姉さん(寿退社)の送別会があったり、来年1月で退職して転職することが判明した女性上司を囲んで編集女性3人で飲みに行ったり。睡眠時間もいつも以上に少なかったですね。
 しかし、直属の上司が抜ける話はけっこうショックでした。退職理由は彼女自身のスキルアップのためであり、今の会社への不満でもあり、納得できるし、応援したいのですが……頼れる人がいなくなるのはつらいなぁ。私も長居するつもりはありませんが、なるべく早く次の転職先を見つけて上司に報告したいと思います(※まだ言ってない。「転職先なかったら今の職場でもいいかな」と妥協モードになりかけてて自分を戒めてる最中)


 そんな一週間が終わって、日曜日は自分が作ったテストの採点対応。今回は作文を出題していたので、採点基準を質問されるから出社する予定だったんです。
 日曜日未明。気分が悪くて目が覚める。気持ち悪くておなかの調子悪いし、頭もクラクラする。前日まで風邪の症状なんて微塵もなかったし、ヘンなもの食べたりもしていないのに。
 ベッドとトイレを何度か往復しながら、なんとか朝を迎え、ふらつきながら着替えてリビングへ。朝の園芸番組を見てた母親に体調不良を訴えて、熱をはかってみると37.7度。普段なら高熱を理由に喜んで休むけど、今日は絶対に休めない日(バイトさん使った採点は2日間しかない)。「風邪ひいたかなー、別な日なら休めたのになー」と嘆きながら家を出る。電車の中でも気分の悪さと戦い、乗換駅で長めの休憩をとって職場へ到着。自分の席でちょっとだけ休憩して、エレベーターで採点しているフロアへ。

 ……こんな日に限って、作文で幅広い答えを書いてくれてて、私はとってもうれしいヨ……(涙)

 理数系は午前中で主だった「微妙な解答」は出終わって担当者は帰っていったのですが、国語は「微妙な解答」続出で、(私の体力的に)精一杯頑張って午後3時まで残って採点対応させていただきました。採点の合間に、塾に「こういう判断基準でいいですよね」って確認の電話して、追加採点基準をまとめてFAXして。最悪明日は出社できないかもしれないから、自宅で採点する場合うに必要な道具を全部コピーしてかばんに入れて、席には自宅の電話&FAX番号を置いて、ようやく家路へ。
 家についた時点で体温は38度。家族は全員外出していたので、アイスノン等を用意して、ひたすら眠る。食べられないから薬も飲めないわけで、寝るしかないんですよね。帰ってきた家族に声かけてもらったり、夕飯どきに呼ばれてスープをちょっとすすったり、リフォーム会社の人が作った見積もり金額に悲鳴あげたり(苦笑)しましたが、それ以外はひたすら寝る! 寝る! 寝まくる!
 私は今日・明日は体調悪くして寝込んでる場合じゃないんじゃ~~~!!!(気合)


 翌朝(月曜日)。わりとまともな目覚め。これなら問題なく会社へ行ける、と着替えてリビングへ。「仕事行くの?」と驚く両親に挨拶して体温を測ったら36.0度。おなかは空腹を感じないけど、痛みはないし、意識もはっきりしてる。「すごーい、一晩で2度も下がったよ」と喜びながら、仕事へ向かったのでした。


 その後、本日に至るまで、睡眠多め&食事は消化の良いものを少量限定、と過ごしているのですが、日曜日のような症状はもうありません。これって、やっぱりノロウィルスだったりしたんですかね。
 症状が出てたのは一日だけですが、かなり本気でつらかったので、皆様もくれぐれもご自愛ください。
この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
MIND TRAVELLER
2006/12/02(Sat)
 本日は宝塚観劇してきました。大劇場のほうじゃなくて、日本青年館の方。
 宝塚のシステム(?)に詳しくない方のために説明しますと、宝塚は普通は「組」単位で宝塚大劇場(兵庫)→東京宝塚劇場(東京)で公演します。それとは別に、「組」を二つに分けて、片方を全国ツアー、もう片方を2番手(3番手)の男役を主役にした公演として同時興行することがあります(2番手の経験になるし、実力や人気を測る機会にもなる)。今回私が行ったのは、花組2番手さんが主役の公演『MIND TRAVELLER』です。

 当初、チケット前売り初日が別な公演のチケット発売日と重なってて入手できず、あきらめていたんです。私のひいきが公演キャスト内では男役2番手になるから(※全国ツアー組が抜けて必然的に順位が上がる)かなり心残りではあったのですが。
 いざ大阪での公演が始まって、ファンサイトで感想を見ると「作品としては駄作」という声が多かった(汗)中、「まっつ(※私のひいきの役者さんの愛称)はいつもと違う役どころで、せりふも多くて、見ごたえある。ファンなら通える」という意見もちらほらありまして。「駄作でも通える何かが今回の彼女(男役だけど)あるのか!」と、東京公演のチケットをネットで譲っていただきました(多謝)


 以下、ネタバレというより、宝塚の生徒さん(=役者さん)たちへのファンモードな感想となります。心の広い人だけどうぞ。
この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。