2007 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2007 03
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
親子の血は
2007/02/27(Tue)
 引越しの荷物を片付けていると、普段はダンボール箱の中やクローゼットの奥にしまわれている色々なものを見る機会があります。

 母の私物は、最近やってる点字関連が目立つところに置かれていますが、本棚を見るとお茶(武者小路千家)、お花(多分草月流)、お作法(小笠原流)。和箪笥にぎょうさんつまったお着物。書道関係もあったかな。地方出身のせいか、親戚にお茶とお花の先生がいて習ってたせいか、和風な内容です。
 こういうのを見ると、ちょっとうらやましいです。娘の私はお茶(裏千家)と書道をちょっとずつしかできませんから。機会があればお茶を習い直してみたいし、お花も着付けもお作法も憧れますが、先立つものがありません。一番(?)実用的と思われるお花はやってみたいんですけどね。お花を花瓶に生けるセンスが欲しい……

 父の私物は大半が本。うちの父はそこそこ教育熱心なせいか、自分が好きなものを子どもに提示する傾向があって、小さい頃からいろいろ読んできてはいるんですよ。小学生のときは『ヤンボウニンボウトンボウ』とかいう白いサルの三兄弟の本を(父が若い頃にラジオで聴いてたらしい)、中学時代は秋山ジョージの漫画とか、三浦綾子(←彼女ははまりました)とか。大学以降は司馬遼太郎を教えられ(国盗物語は私が借りたままになってます)、山本周五郎の『赤ひげ診療譚』も父の勧めで読みました(これも借りたまま)。ほかにも『ソフィーの世界』とか『ワイルドスワン』とか、流行りものも、父が買って読み終わるとあれこれ読ませてもらってました。
 で、父の本棚を見ると、父が大学時代の岩波文庫らしきものがあるのですが(ほとんど紙が変色してる)、私が読んでみたい本がずらっと並んでいてびっくりしました。「うちにゲーテのファウストがあったのか」とか「堀辰雄がいるわ」とか。自分で買って、気に入って大事にとってある本と同じものとかもあったし。
 嗜好って受け継がれるんだなぁ……と本棚を前にしみじみと感慨にふけってしまいました。


 ちなみに、今回見つけた父の私物で一番驚いたものは、前の私の部屋のクローゼットにしまわれていたダンボール箱から見つかりました。

私:お父さん、「仕舞型附」って書いてある和綴じの本があるんだけど、これ、能?
父:ああ、それはお父さんが謡曲習ってたときのだよ。
私:謡曲やってたの!?
父:まだ独身だった頃ね。
私:(しかし金剛流とはマイナーな……がさごそ)『鞍馬天狗』とか『敦盛』とかあるね。
父:あ、『鞍馬天狗』わかる?(←なんだか嬉しそう)
私:いや、名前くらいだけど。で、これ、どうするの?
父:いらないから任せるよ。
私:そう? なら自分で読んでから友達(能楽好きな高校同級生)にあげようかな。

 そういえば、大河ドラマ等で信長公が『敦盛』を舞ってるとき、一緒にうたってるのを見たことあったような。他にも『橋弁慶』とか『紅葉狩』とかもありました。本に挟まっていた能のチケットから察するに昭和50年頃のようです。
 でも、なんというか、この「謡曲を習う」というぶっ飛んだ(ホメてます)ことをするあたりが、私の父だなぁ、と納得できてしまうことが、嬉しいような、悲しいような、複雑な気持ちです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 友人・身内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
行方不明&捜索願
2007/02/25(Sun)
 私が生まれたときに祖父母が買ってくれた十五人飾りの雛人形。かなり立派なものですが、立派すぎて飾るスペースがなく(確か7段か8段)、前の家では私の部屋のクローゼットの奥にしまわれていました(申し訳ないなーとは思ったのですが)
 今回引越しの片付けついでに雛人形を出して風に当てて、小道具とかも(引越しのときひっくり返したりしたので)きれいに入れ直そうと、久しぶりに箱を開けてみました。

 私の部屋にある「雛人形」の箱は、中くらいの大きさの箱と、大きな箱が1つずつ。中くらいの箱には、お内裏様とお雛様が入っています。これは引越しのときに確認してあります。10年以上箱にしまわれたままだったのに、綺麗なままのお姿でほっとしたものです。
 で、大きな箱に小道具の類と他のお人形たちがいるのかと思ったのですが、箱を開けてみると、出てきたのは小道具ばかり。三人官女の持ってる柄杓とか五人囃子の笛太鼓、武官の皆様の太刀や弓矢、茶箪笥に牛車、菱餅、ぼんぼり、右近の橘に左近の桜……

 お内裏さまとお雛様以外の人形は……ドコ?


 どうやら前の家に引っ越したとき、雛人形はセットで私が引き取ったつもりでしたが、取りこぼしの箱があった模様。母にも聞いたのですが、捨てることだけは絶対にないだろうと思います。うちの家族(特に母親)はモノを捨てられないので(私が一番思い切りよく捨てる)
 雛人形の段(スチール製の重たいヤツ)は両親のところにあったので、他の人形たちもどこかの荷物にまぎれているのでしょう。個人的には五月人形(弟が生まれたときに祖父母が買ったもの。弟の部屋にある)と紛れているんじゃないかなーと推測。弟たちにも捜索願いを出してあるので、いずれ見つかったら連絡がくるでしょう……あの部屋の片付かないさまからは、いつになるかわかりませんが。


 お内裏様とお雛様は、現在私の部屋のたんすの上に飾ってあります(金屏風と玉座@畳つき)。せっかく久々に箱から出したんだから、彼らだけでも飾ってあげようかと。関西人の祖父母が買ったので関西風のお雛様だろうとふんで、お内裏様はむかって右側、お雛様は左側に鎮座ましましています。
 ちなみにその隣にはガラスケースに入った和人形と洋人形が1体ずつ。前のおうちでは洋人形を出窓に飾っていたのですが、ここおうちの窓は出窓部分が小さいのでたんすの上くらいしか置き場がなくて。和人形は飾る場所がなくて弟の部屋にいたのを引き取りました。そこまで「人形」というものがすごく好きというわけではないのですが(多分母親の花嫁道具かと)、せっかく綺麗に作ってもらっているのに、飾って見てもらえないのは可哀想なので……

 たんすの上いっぱいに、雛人形(お内裏様&お雛様)と日本人形と洋人形が並んでるのは、かなり壮観です。
この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リアルでも引越しました
2007/02/21(Wed)
 ブログに続き、リアルでも引越しました。これで私も東京23区民。都心にだいぶ近づきましたが、近所に庶民スーパーがなくなったことと、通勤電車の中での読書時間が半分に減ってしまったことは残念です(笑)

 引越しは三連休に行ったのですが、かなり大変でした。
 うちはモノを捨てられない人が多いので、片付けても片付けてもまだまだ荷物があるというか。引越業者に頼んだプランは「荷造り」もやってもらうコースだったのですが、当初の見積もりで7人の予定だったのに、当日の午前中に1人追加。午後からさらに2人追加の10人体制で荷造りしてました(お疲れ様です……)
 荷造りに1日使って、新居への搬入は翌日だったのですが、こちらも朝9時からはじめたのに、荷物を家の中に全部入れ終わったのは日没と同じくらいでした。こっちは片付けのオプションを頼んでないので、しばらくはどの部屋もダンボール箱だらけでした。今はリビングとかはだいぶすっきりしましたけど、3階の各自の部屋は相変わらずすごいみたいです。私の部屋も、あと15箱くらいは残ってるんじゃないかなー(このうち半分は本の箱なので、本棚買うまで多分このまま)

 新しい家具は、全然買えていません。今日やっとテレビ台が届きましたが、ベッドはまだ。気に入ったのがなくて、まだまだ探し中。宮つきのすのこベッドでベッド下に物が置けたらいい、とそれほど高望みはしてないつもり──なのですが、ライト付属はいらないとか(おじさんの形見分けのライト愛用してるので)、宮部分は本がいっぱい置けたらいいなとか考えちゃうからいけないんですよね(苦笑)
 本棚はベッドを買ってから考える予定。ベッドの大きさによって本棚のサイズを変えるつもりなので。あせって粗悪品つかんじゃうのもイヤなので、ゆっくり探すつもりです。
この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
月にキスする方法
2007/02/20(Tue)
「月にキスする方法」

 1.水盤に水を満たす
 2.水盤の水面に月を映す
 3.水面に唇を寄せる


 短歌の題材文を探してたら、月をうたったものが多く目について、それらを見ながら、ぼんやりこんなこと考えてました。
 やっぱり、月は、キスした瞬間姿が消えてしまうくらいはかない方がいいと思うんですよね。唇に冷たい感触だけを残して。
 雪月花は移りゆき、消えゆくからこそ美しい。日本人の美意識バンザイ。


 では、似たようなお題をもうひとつ。

「光のかけらを浴びる方法」

 1.新緑~盛夏の季節を待つ(笑)
 2.大樹の下で上を見上げる

 小学生の頃、学校のブランコをこぎながら、上を見上げるのが大好きでした。木々のあちこちがキラキラ光ってて。木漏れ日って、光のきらめく美しさを感じられる最も身近なものだと思います。
この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぎゃー
2007/02/19(Mon)
 先週末、4月号のテスト用に問題を作成していた説明文の文章が、3月号の別学年で使われているのを、3月号の納品物を見て知りました。出典が同じでも使ってる部分が違えばごまかせたのですが、今回は一部見事にかぶってる。これはもう、自分の作ってきた問題を廃棄して新しいのを作り直すしかありません。仕事を早く引き上げて本屋で説明文探しへGo。ああもう、ただでさえ入稿遅れるのに……!
 金曜日に本屋でゲットした本を使って、土曜日に問題を作り(説明文が変わったので、付随して漢字問題も変更になりました……本文中に使われている漢字は出題できないのデスよ)、月曜日に解説を作って印刷所に送りました。印刷所の担当さんにあらかじめ電話して、入稿遅れを詫びるとともに「初校あがるのいつくらいになりますか」と聞いて、ギリギリながら何とかなりそうでホッとしてます。

 せめてもの救いは、重複が同月号でなかったことと、入稿直前でも気づけたこと、かな。入稿後の変更は印刷所への負担が大きいし、同月号だったら……怖くて考えたくもないや、はは。
この記事のURL | おしごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
きょうないとは(BlogPet)
2007/02/17(Sat)
きょうないとは、すみと連載された。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ないと」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東風吹かば
2007/02/07(Wed)
 東京では梅の花が咲き誇っています。
 2月一週目で梅が満開って……ありえなくないデスカ?

 私は梅の花が好きです。どちらかといえば白梅が好き。無骨な枝ぶりに、凛とした花が映えるのを見るととても幸福な気持ちになります。普通の梅もしだれているのも、連なって咲いているのも一本だけのも、大木も盆栽サイズの可愛らしいのも、それぞれ味わいがあって素敵ですよね。

 でも。
 梅を見られるのは嬉しいけど、雪を見ないまま梅の見頃を迎えてしまったことは、なんか物足りないです。今年は雪を見られないのかなあ……(寂)


 春の訪れは、梅の花で感じます。
 秋は昼下がりから夕暮れの空(雲のなびきかた)、冬は星空(オリオン座)。
 夏の訪れは、何に思うだろう。暑さが苦手であまり歓迎しない季節なせいか、いまいち思い浮かびません(汗)
この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
過去ブログも残しておきますが(BlogPet)
2007/02/03(Sat)
過去ブログも残しておきますが、ネットで本格的に引っ越してきましたけど、ブログペットの細かな設定とかはまだ終わってないので、そういうのは、今後とも、よろしくお願いします


 秋の終わり頃ネットで細かと大きい皆様と思っています


 訪問者の皆様におかれましては、本格などしたかったの♪
すみが、広い細かとか、ブログペットの細かな設定とかはまだ終わってないので、そういうのは、ネットで大きい皆様とかをブログペットしなかった?
と、ないとが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ないと」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
引越し&本格稼動開始
2007/02/01(Thu)
 Livedoorから旅立って、本格的に引っ越してきました。
 過去ブログも残しておきますが、今後の更新はこちらだけにしようと思っています。

 秋の終わり頃に登録して、更新だけは(Livedoor版と一緒に)してたけど、ブログペットの細かな設定とかはまだ終わってないので、そういうのは、時間を見てやるつもりです。

 訪問者の皆様におかれましては、今後とも、よろしくお願いします。
この記事のURL | ○連絡○ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。