2010 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2010 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
髪を切りました
2010/09/26(Sun)
 夏場は髪をアップにしているので、髪がどんなに伸びようと放っていたのですが、ここ数日で急に寒くなってきたので、髪を下ろせるように美容院に行きました。
 久しぶりに予約の電話を入れたときに気づいたんだけど、前回行ったの5月(初旬)でした。どうりでアップにしてもアタマがボワッと広まるはずです。担当の美容師さんもびっくりしてました。
 今の担当さんになったときに「毛先痛んでる部分をばっさり切ってください」と言ったら本当にバッサリ。以降肩より少しながい長さだったのですが、4ヶ月ほど放置したら、そこそこ伸びていました。なんだか懐かしさを感じたので、今回はあまり切らないでもらうことに。もうちょっとだけなら、伸ばしてもいいかも。

 あと、今回初めて「ただ今ハンドマッサージを無料サービスで実施しているので、よろしければ」と言われたのでお願いしてみました。頭皮や肩のマッサージならよくやってもらっていますが、ハンドマッサージまで取り入れているのか。美容室の顧客争奪戦は大変そうですね。
 保湿成分をたっぷり塗ってもらったのですが、マッサージ自体にどれほど効果があったのかは正直わかりませんでした。肩とか足裏ならわかるけど、手(&腕下部)って、「こる」場所ってイメージがありません。何に効くんだろう……?

スポンサーサイト
この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
真実を見極める目
2010/09/24(Fri)
 厚生労働省の事件に絡んで大阪検察の方が逮捕されましたよね。
 先の女性局長さんの無罪判決も含めて、一連のニュースを見て、真実を見極めることの難しさを感じました。

 この事件(裁判)のニュースをチェックしていると、女性局長さんについて、当初から犯罪を疑問視する意見もあったんですよね(かき消されそうなくらい弱かったけど)。その声が少しずつ大きくなっていって、マスコミも彼女を擁護する方向へ報道も変わっていった。具体的な時期は思い出せないのですが、晩春には擁護(もとい検察批判)が多かったかな。無罪判決後の検証番組で、代議士さんのゴルフアリバイが出てきてから風向きがはっきり変わったとあったから、私の記憶違いではないと思います。
 一方、逮捕された検事さん。いつか覚えてないけど、彼(多分)を批判する記事を読んだことがあります。「上層部の覚えがめでたくて順調に出世しているけど、実績はイマイチだし、(本人もあせっているのか)強引なところがある」みたいなの。個人名を挙げていないけど、逮捕直後のマスコミの紹介の仕方を聞くと、同一人物なのでしょう。該当記事で冤罪の可能性まで言及されていたかはわからないけど、この事件に疑問を差し込む余地があることは、その腹黒検事の存在を知ったときに、感じたので。

 でも、その情報に「接した」だけでは、わからないんですよね。逮捕時に広く周知された「女性局長が黒で、検事がそれを暴いている」というストーリーの報道もいっぱいあったし(むしろ当初はそちらの方が大きかったし)、それを選ぶ根拠となるものが、私には何もない。
 マスコミ報道から「真実に触れる」可能性があることを感じるとともに、マスコミ報道しか知らないと「真実を選び取る」ことは、よほどアタマのいい人でないと難しいのかもしれない……と微妙な気持ちでニュースを見ています。


 ちなみに、同じマスコミ報道で。
 今回の逮捕につながった某新聞の署名つきスクープ記事は、自分の足でつかんだすばらしいものだと思うけど、「夏に調査してつかんだ記事を、無罪判決確定後(かつ民主党代表選後)に出した」意図があることも、今回の報道に対する識者のコメントを読んでようやく気づきました。
 報道に対する読み込みが甘いことに、反省するばかりです。

この記事のURL | 世情 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
興味へ確認したいなぁ(BlogPet)
2010/09/23(Thu)
きょうすみは、興味へ確認したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「ないと」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
読み違え
2010/09/22(Wed)
 国語のテストでは作文を出すことがあります。色々な出題形式がありますが、その中で「ある生徒の意見に対する賛否とその理由を述べる」というものがあります。たとえば「吉○家の牛丼には生卵をつけるべきだ」という意見に対し、「私もつけるべきだと思う」(賛成)か「私は不要だと思う」(反対)か、はたまた「基本的には必要だが、○○の場合にはなくてもいいと思う」(総論賛成各論反対)か、という作文を書いてもらうわけです(内容を見るので、賛成か反対か自体は採点に影響されません)
 数年前、ある意見の生徒を読ませた作文で、私の書いた模範解答が「反対」側の主張だったのに、生徒の大半の意見が「賛成」だったことがあります(特に成績の良い生徒。ブログに書いたかもしれません)。そのときは「素直に賛成して、読んだ意見と同じようなことを書いた方が楽だもんね」と思ったものです。

 しかし、今回出題した生徒の意見に対する作文を見せてもらったところ、半数以上(7割くらい?)の生徒に「反対」という作文を書かれてしまいました。私、今回は「賛成」の模範解答書いたのに(「どちらが正解とも言えない」内容をテーマにしたんですけど)。私の考えは古いのか……?
 大勢の子どもたちにダメだしをくらった気分だったのに、さらに追い討ちをかけるように、今回は平均点はべらぼうに低かった。塾の想定している平均点外というだけではありません。その塾の国語テストで過去最低点。ああ、塾の先生に怒られそう。

 ダブルで読み違えて、一人静かにへこんでました。次は、もうちょっと考えよう。

この記事のURL | おしごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遙かなる時空の中で5
2010/09/18(Sat)
 ゲームショーのこの時期にコーエーの乙女ゲー(ネオロマンス)のイベントだか何だかで、新しい作品の発表がある、というのは以前聞いていました。イベントに参加する声優さん(ゲームのキャスト)が初参加の方々ばかりだったから、てっきり新しいシリーズものを作るのだろうと。ところがコーエーは半端なかった。

 ゲームショーおよびネオロマイベントで、本日、以下の発表がありました。
 “『遙かなる時空の中で5』製作決定。時代は幕末。キャストは一新。”

 以下、それを聞いた感想。正直に言っていい?

この記事のURL | ゲーム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
名前(BlogPet)
2010/09/15(Wed)
きょうは、名前に印刷する?

*このエントリは、ブログペットの「ないと」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
空の青・海の青
2010/09/12(Sun)
 本屋に寄ったら、平積みコーナーに1冊だけぽつんと残されていた『獣の奏者・外伝』を発見。そんな本が出ているとは知らなかったので、びっくりしました。残り1冊しかなかったこともあり、速攻手にとって購入することに。
 このシリーズは(以前感想を書いたかどうか覚えていないのですが)、1・2作目の話が好きです。2作目の最後の「希望」が大好きなんです。3・4作目では、最後まで「学者」であった主人公にはちょっと距離を感じてしまって……まっすぐな人柄は、キライじゃないんですけどね。
 外伝は二部構成で、主人公と、主人公の先生(上司)の恋物語(って書くとなんか恥ずかしい)でした。率直な感想としては、2人とも若かった(笑)。個人的には、それぞれの恋物語と同じくらい、家族の物語に心ひかれました。詳しく書くとネタバレになるので詳細は省略。興味のある方はご自分でどうぞ。

 本屋といえば、しばらく前に森絵都さんの『カラフル』が平積みコーナーにあったので立ち読みしたんですよ。アニメ映画になるというCMを見たのですが、CMを見る限りアニメに適した題材と思えず、CM中でネタバレ感満載でつまらなくて、逆に原作が気になっていたんです。作者さんがちゃんとお話の書ける方だと知っていたから、余計にね。
 読んだ感想。小説は面白かった(ちゃんと「カラフル」な世界を描いたお話だった)。今回のアニメ化の前に実写映画化されていたことを知って納得した(この作品は実写でいいと思う)。CMのネタバレは、本当の意味でのタブーは犯していなかった。けれどもあのCMを見た上で読んでいるとかなり早い段階で「ネタバレ」の「裏」が読み取れてしまうので、やっぱりダメなCMだと思った。ちゃんと驚くべき場面で驚かせることが必要だと思うんですよね。
 インパクトのあるセリフで、でも物語の核心には一定の距離のある言葉。もっと探せばきっとあったと思うのに。もったいないです。

この記事のURL | 本・芸術 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
歯科医通い終了。
2010/09/11(Sat)
 親知らずを抜いたときに縫合した糸をとってもらって、歯の治療は「ひとまず終了」となりました。最初に診察してもらったとき、もっとあちこちに虫歯があったような気がしなくもないのですが、治療の必要がないほど小さいものなのでしょう(勝手に良い方に判断)
 基本健康&丈夫な人間なので「(今回治ったから)当分来ないと思います」という私に、先生は「自分の体調を確認する、くらいの軽い気持ちでいいから、たまに検診においで」と言っていました。抜くとか削るとかマイナスな診察・治療ばかりだと疲れるんですって(最初に会ったときにも言ってましたね)。だから検診で「ああ、何もないですね」と言えるのは嬉しいと話していました。
 何も悪いところないのにお医者さんの手を煩わせるのは申し訳ないと思っていたのですが(実際高齢者の待合所のようになってしまって普通の患者さんが診察に時間かかるようになってしまった病院の話なども聞きますし)、この先生なら本当に喜ぶんだろうなあ、と思って、ちょっとほっこりしました。
 いいお医者さんでよかった。ありがとうございます。

この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イリアス
2010/09/10(Fri)
 久しぶりの観劇。ホメロスの叙事詩『イリアス』です。
 18:30開演なのに、仕事が終わらず会社を出たのが17:50だったので、間に合わないかと思いましたヨ(何とか5分前に着くことができましたが)。今日印刷所に送った原稿の初校は念入りに見ることにしよう……

 舞台見るのはかれこれ半年振り(!)になるのですが、やっぱりいいですね。生の舞台が一番好きです。テレビと映画は心惹かれること少ないのに、ヘンな話ですけど。
 劇場に行くといろんな舞台のチラシをもらえます。久しぶりに作品情報を知ると面白そうなのがいっぱいあってイカンですね。三谷作品とか、好きな女優さんの出演作品とか、『銀河英雄伝説』とか(ラインハルトの声やってた人の名前も載っていたんですが、何をやるつもりなんだこの舞台)。節約生活を心がけていたのに、行きたくなるじゃないか。どうしよう。
 チラシといえば、今回の『イリアス』のチラシを入手できませんでした。普通は事前に他の舞台公演でばら撒くけど、余っていたら公演中も入っているのに。私が他公演をしばらく見てなかったから仕方ないのですが……悔しい。観劇した作品は「チケット」「パンフレット」「チラシ」を一通り残しておくのが私の正義です(笑)

 では、そろそろ作品自体について。
 有名なお話だけど、一応ネタバレ回避。


この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
すみもほしいかな(BlogPet)
2010/09/08(Wed)
ないとは先生がほしいな。
すみもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「ないと」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
何もない休日
2010/09/05(Sun)
 ごぶさたです。
 夏休み明け以来、まっっっっったく心休まらぬ仕事どっぷりの日々でした(8月21~22日のみ小旅行に出かけておりましたが)
 今週なんて特にひどくて、月~木まで毎日職場に12時間(以上)いましたヨ。夏期講習終了時のテスト対応&復習用問題の作成、秋のテストの入稿&校閲、年末・年明けテスト問題作成など、とにかくいろいろでした。毎年うちの会社は夏休み明けは忙しいのですが、今年は明らかにおかしかった。営業、仕事引き受けすぎだろー。

 来週以降もまだまだお仕事あるのですが、大きな仕事が1つ……いや、3つくらい今週で片付いたので、今日はのんびりしています。洗濯・掃除・ネットサーフィン。エアコンの効いた部屋でだらだら過ごすことの、なんと充実したことか。
 ささやかな幸福っていいよね。

 今日の「だらだら」で元気になって、また来週も頑張ります。

この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
親知らず・最終戦
2010/09/04(Sat)
 先月抜いた親知らずに続き、最後の親知らずも抜いてきました。
 歯医者さんに「あなたはそんなに大きな虫歯ないし、まっすぐ生えているよね」と言われる程度には健康な歯をしている私ですが、最後の親知らずだけは「ななめ」に生えていました。頭骨の大きい私でも(自分で書いてて悲しい)、下の歯が全部まっすぐ生えるだけのスペースは顎になかったようです。多分。

 まず麻酔をかけてもらう。今回の親知らずは前の歯にひっかかるんじゃないかな、と思ってたらやっぱりそうだったらしく、一度抜こうとしてすぐ中断。ひっかからない程度に削っていたようです(ドリルの音から判断)
 で、まっすぐ引き抜けるようにしたらしいのですが、前回と違って今回はどうもうまく抜けないらしい。「先(根っこ)が曲がっているのかなあ」と言いながらぐりぐりする先生。途中「アスクルでーす」という朗らかな声が外から響いて歯科助手さんが慌てて受付に戻ったりしましたが(歯科医と助手さんの2人しかいない病院なんで)、5分くらい(?)粘り続けて、なんとか抜くことができました。
 縫合と止血をして、口をゆすいだ後、先生が「先が出っぱってて、これがひっかかてったんですよ」と抜いた歯を見せてくれる。ちゃんと抜けたのが嬉しかったのでしょうか(笑)。血にまみれた、軽く虫歯になった歯を見ても、ショックを受けるような繊細さは持っていないので、私はいいんですけどね。ちなみに歯は「持って帰りますか?」と言われても全部拒否しております(乳歯は毎回屋根に放り上げたり埋めたりしていたけど……ねえ)
 今回も受付に着いてから帰るまで30分未満(正確には20分以下)。相変わらず早いです。昔の歯医者さんでは「(ななめに生えた親知らずを抜くには)歯茎を切り開かないとダメかもしれませんね」と言われていたので、切開せずに短時間ですんでほっとしました。時代の差か、腕の差か。少なくとも技術のある先生であることは確かだと思います。よかった(しみじみ)

 前回は抗生物質を処方され、歯を抜く直前(麻酔が効いてきたころ)に服用していたのですが、今回は「前の薬が残っているなら、また処方しても余っちゃいますよね」ともらいませんでした。結果
 「親知らずを抜いたときは、痛み止めはもらった直後に飲むべし」
という中学高校時代の先生のお話がいかに正しかったかを実感することに。歯医者さんを出て久しぶりに漫画喫茶に行ったのですが、1~2時間したら麻酔が切れたようで、じくじく痛み出してきました。肉体的な苦痛は限界まで耐えるタイプなのですが、漫画喫茶ならまたいつでも来られるので、あきらめて帰途に着くことに。家でおやつをつまんでから薬を飲みました。

 抜歯は来週末の予定。それまでは、なるべく歯を酷使しないようにします。

この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高校生クイズ
2010/09/03(Fri)
 久しぶりに仕事を19時台にあがって、わーいと家に帰って、そのままだらだらとテレビで『高校生クイズ』を見ていました。

 数年前に見たときに「クイズというよりエンターテインメントになっているなあ」と残念に思ったのですが、3年前に内容の大改編があったようですね。「難問」ばかりでびっくりしました。特に準決勝の難問は衝撃的でした。「宇宙の年齢を“ハッブル係数(?)”を使って求めなさい」やら「この大きさの隕石が海に衝突したときの波の高さ」なんて言われてもさっぱりわかりません。ヒエログラフ解読の問題は面白かった(解説が欲しかった)。高校生クイズの参加者が減っているとは聞いていたけど、こんな問題が出るようになっていたのなら納得です。そりゃみんな尻込みするよなあ……
 応援していた高校が優勝したので、その点については満足です。最後の問題は3人で順番に答えを書いて、みんなでそろって言っていたのも良かった。テレビでは中央の男の子(高3)ばっかり注目されていたけど、クイズマニアさんの間では「先輩を勝たせるためだけにいる」と言っていた後輩くん(高1)の方が評価高いみたいですね(あちこちのクイズ大会での成績優秀者らしい)。彼の今後に期待です。

 今回の高校生クイズ、私自身はわりと楽しんだのですが、ネットサーフィンしていたら「こんなの高校生クイズじゃないやい」という批判意見も多く見かけました。
 ウルトラクイズに参加できない高校生のために高校生クイズが生まれた経緯は知っていたのですが、「個人戦では面白くない、3人1チームであれば喜怒哀楽が出せる」ということで、3人1組の「知力・体力・チームワーク」をテーマにしたこととかはじめて知りました(Wikipediaより)。言われてみれば、今回の大会は「3人のうちの誰か1人が知ってたらOK」ってクイズばっかりで、不満が出るのも無理ないかもしれません。
 昔は「3人の各メンバーが別々な勝負に挑んで、全員がクリアしたら次のラウンドに進める」というのもありました。全員一緒の挑戦でも、走る等の体力が必要なものや、推理モノでひらめきを試すものもありました。そういうものが一切無くなったってのは、確かに寂しいかも。3人1組というのは高校生クイズの特徴なのだから、高校生クイズは3人ならではの、いろんな種類のクイズ形式もまた見たいですね。誰でも気軽に参加できるものであってほしいです。
 ただ、今年のクイズ形式も好きは好きだから……うーん、これはこれで別番組にしてみたらいいのかな。難問は難問で、高校生が競うの見てみたい。ただ、その際はきっちり解説もつけてほしいなあ。できれば『平成教育委員会』(今は「学院」でしたっけ?)みたいなのがあると嬉しい。局が違うから無理かしら。


この記事のURL | 世情 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ないとは自慢がほしいな(BlogPet)
2010/09/01(Wed)
ないとは自慢がほしいな。
自慢ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「ないと」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。