2011 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
彩雲国物語
2011/07/31(Sun)
 職場の後輩から借りて、10日ほどで『彩雲国物語』シリーズ全冊読破しました。平日は深夜まで、土曜の夜~日曜の昼まで読むという、なかなか健康を害する生活でした(特に食事と睡眠)
 一気に読んでしまいたくなる力のあるシリーズだったと思います。細部をとりこぼしているので不明点もチラホラあるのですが、主人公の前向き無鉄砲な性格がいろんな人の考えや道筋を少しずつ変えていき、あのエンディングになったんだろうなあと素直に納得できました(ややベタだけど・微笑)。面白かったです。

 ただ、最近「ちゃんとした」小説・物語文ばかり読んでいたせいか、ティーンズ小説の読み方を忘れていたようです。「どこまで“期待”していいのか」わからなくて(苦笑)。文章力はそれなりにあるけど、ストーリテリングや多様なキャラクター像より、設定の作りこみが好きなんだろうな、という印象を受けました。
 あと「○○(人物名)は後世△△と言われ、……な活躍を~」みたいな文章がちらほら出てくるのですが、それらの文があったせいで、後半の「シリーズ全体を通したストーリーの波乱万丈」でちっともハラハラドキドキできませんでした。「この人物は後世『……な活躍』をするってことは、(現時点ではまだその功績をあげていないから)今回のトラブルは乗り越えていくんでしょう」と考えちゃって。「後世の歴史家評」って印象的な表現かもしれないけど、先の展開を暴露しちゃうことになる(=先の展開がわかっていても感動させる筆力が求められる)から難しいんですよね。

 かつて1巻だけ読んだとき「逆ハーレム小説」かと思っていたところを、後輩が「主人公の恋愛より官吏としてのお話が面白いんですよ」と言うので借りたのですが、本当にそうでした。自分が意識的・無意識に権力を行使していたことに気づき、身ひとつで男社会に切り込んでのしあがろうとする姿がとっても痛快。がんばれ主人公。
 逆に主人公恋物語は、イマイチ感動できなかった。私が主上をそこまで好きになれなかったせいもあるのでしょうが(大きな子犬に見えて・ゴメン)。黎深様とか悠舜さんとか雪那さんのカポーの方が微笑ましく読めました。

 そして、最後にどうしても一言叫びたい。
 なぜ「ジュンイク」の名前を、漢字そのままで、その人物に使うのか! と。
 三国志(演義)で私が最も愛する登場人物が、パッとしない州牧2番手なんて(さめざめ)。曹操のところの尚書令(悠舜さんレベルの人)なのに。
 本編と全然関係ないところですが、どうしても叫びたかったので。あーすっきりした(笑)

スポンサーサイト
この記事のURL | 本・芸術 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
たまにはある
2011/07/22(Fri)
 スポーツクラブは以前より通う回数がだいぶ減りましたが、続けております。
 行ける回数が減ったということあって、ちっとも上達しないんですけどね(溜息)

 腕前が上達しないとはいえ、かれこれ3年くらいはコンスタントに出ているので、インストラクターの先生に(無言のうちに)要求されるレベルは少しずつ高くなっています。
 初心者さんならいっぱい間違えても「大丈夫大丈夫、できなくてもいいから」と微笑むところでも、私や常連さんが間違え続けると「しっかりしなさい」って目で訴えてくるんですよね。初級レベルの動きを間違え続けたときの視線の冷たさはへこみます(苦笑)
 先生の気持ちもわからないわけじゃないんですよ。常連ズは基本的に前方に左右バランスよくいるので、後方にいて先生の動きがよく見えない初心者~中級者が常連を先生代わりに見ることが多いので。つまり「自分の代わりに頼むね」という叱咤激励のこもった視線なわけです。
 まあ、個人的には、上手になった自己満足感から「見せびらかす」人はいても「見られる」ことにまで配慮している人はあんまり多くないな~とも思うのですが。鑑賞に堪えられるほど繊細な動きをしている人は少ないです。そこまでこだわって教えるインストラクターさんなんてほとんどいないから無理もないんですけど(私がお世話になってるイントラさんはそこまで言うので、むしろ珍しいタイプだと思う)

 さて、本日。久々に会心の動きができました。自分でも納得がいくくらいちゃんと動けたし、キレもあった。
 最後に通して踊ったとき、目の前で踊るインストラクターさんと動きがけっこうそろっていて、先生が「いいぞいいぞ」って目線で言ってくれた(気がしました)
 珍しくほめられて(?)嬉しかったので。

この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
祝・バウ主演
2011/07/21(Thu)
 まっつバウ主演決定おめでとう!!!!!
 皆の衆、祝い酒じゃ~ (←飲めないだろオマエ)


 私の宝塚のご贔屓が。
 新人公演(研7)以来、主演公演を一切やっていなかった(パリ祭除く)ご贔屓が。
 ショー形式とはいえ(多分)単独主演公演をもたせてもらえることになったんです!



 三番手(別格三番目?)になった以上、退団までに一度は単独公演があるだろうと言われていたけれど、本当にそんな日が来るなんて。まっつが歌いまくり踊りまくるのを見られる日が来るなんて。
 これはもう、来年の正月は宝塚まで行きます。普段は東京公演しか行かないんだけど、バウホール(宝塚の本拠地にある中規模劇場だとでも思ってください)でしかやらない公演なので。贔屓のためなら交通費だって宿泊費だって惜しくはありません。1回数といわず複数回数見たいくらいです。

 心配ごとが皆無とは言いません。
 今年の同じ時期、ダンス中心のショーをやった贔屓の同期(というか親友)のタカラジェンヌさんは、バウ公演の次公演で退団しましたからね。来年正月の公演が、贔屓にとっても退団フラグ(ご祝儀)になっている可能性もあるのでしょう。
 でも、それについては考えないことにしました。いつまで続けるか、いつ辞めるのかは、彼女(と劇団)が決めることですから。私は彼女をとても好きなので、贔屓にはご自分の思いのままに劇団生活を送ってほしいのです。

 組替えのときと同様、ファンは黙ってついていくのみです。
この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
H2$
2011/07/17(Sun)
 宝塚公演のために梅田芸術劇場(大阪)までやってきました。
 だって大阪でしかやらないんだもの! 千秋楽公演を(わりと良席で)見られる機会もこの先何度もあると思えないし。
 今回の演目は「HOW TO SUCCEED(HOW TO SUCCEED IN BUSINESS WITHOUT REALLY TRYING)」といいます。簡単にいえば「努力しないで出世する」ことを目指すブローロウェィミュージカル。古い作品(例:女性社員=受付嬢や秘書などサポート業務ばっかり)で、ブロードウェイミュージカル(深みのある内容より、ユーモア重視)、というワケで、内容はちっとも期待しないで行きました。

 以下、ちょっと辛口感想。

この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
京都の夏 祇園祭 山鉾巡行
2011/07/17(Sun)
 前日分に続き、京都(+大阪)旅行の後半です。
 先に宵山(前日記事)を読んだ方がわかりやすい……かも。

 長刀鉾   長刀鉾_お稚児さん




この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
京都の夏 祇園祭 宵山
2011/07/16(Sat)
 はじめて京都三大祭に足を運びました。
 もともとは宝塚の大阪公演チケットをとったついでに京都に行こうかと思い立ったのがきっかけで、祇園祭と期間がブッキングしていると知って、急遽京都旅行の比重を高めに変更。
 いやー大変でしたよ、宿の手配が。祇園祭の時期を知ったときには5月に入っていたため、宿は軒並みソールドアウト(三連休に祇園祭って絶好のお出かけ日和ですからね)。四条通に近くて安くてもいいからと探してたどりついたのが、カプセルホテル。30数年間生きてきて、一人旅も何度かやってきたけど、カプセルホテルは初めて。ためらいがなかったといえばウソになりますが、背に腹は変えられない。安かったし(苦笑)
 金曜日の夜に東京→京都の夜行バス(車中泊)、土曜日の夜に京都のカプセルホテル、日曜日の夜に大阪→東京の夜行バス(車中泊)という強行スケジュールです。


この記事のURL | 私のこと | CM(1) | TB(0) | ▲ top
野球ファンの葛藤?
2011/07/13(Wed)
 うちの職場は野球ファンが多く、昼休みに同期(ソフトバンクファン)と後輩(広島ファン)が盛り上がっていたり、仕事後に営業(阪神ファンやら横浜ファンやら)がくだを巻いていたり、夏になると甲子園ファンの子が毎日熱心にテレビをチェックしていたりします。
 野球に全然興味のない私は、そういう話を小耳に挟んで、楽しそうだなあと微笑ましく思っています。現在のセパの順位情報は、大抵そこから仕入れていますし。

 さて、本日、昼休みに飛び込みの営業さんが来ました。どうやら東京ドームの年間シートを売っているらしい。巨人も不景気なんですね(しみじみ)
 その営業さんが帰った後、応対したお姉さんをはじめとする事務方は「うちは貧乏だから年間シートなんて買えないよ」と一考の余地もない様子だったのですが、巨人戦を見たい社員はいないものかと考えて、ふと気づく。

私:そういえば、うちの会社って、巨人ファンっていましたっけ?
事務のお姉さん:うーん、いないかも。どちらかといえばアンチ巨人が多いかなあ。

 巨人以外のチームを応援していると、巨人の権力と金が目につくようになるのでしょうか。ドーム年間席の営業、頑張ってねオネエサン……

この記事のURL | 世情 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
夏到来
2011/07/10(Sun)
 関東地方も早々に梅雨が明けてしまいました。めでたいことだけど、夏本番になるのはちっとも嬉しくありません。暑いの、本当にダメなんですよ……
 今年は節電ということもあって、冷房温度が気持ち高めなんですよね? ここのところあまり外をうろついていないので確信はもてませんが、お店に入って「寒い」思いをすることはない気がします。むしろ適温。スーツ姿の方はともかく、薄着で出歩く人間にはこのくらいがちょうどいいです。
 これで日光とかCO2とかが気温上昇を遠慮してくれたら最高なんですけどねえ(無理)

 大企業さんなどは15%節電命令が出てしまって、大変だと思います。うちの父も「休みが平日2日に変わった。土日出勤になる」といっていました。ついでに、会社の外で作業ができそうな部署は職場から追い出された……ゴホン、自宅業務になったそうです。一人の作業は家でできても、打ち合わせとかは逐一連絡をとらないといけないから、大変だろうと思います。
 ただ、どうも腑に落ちないことがあるんです。

私「自宅業務って、会社の節電は達成できるかもしれないけど、各自が自宅でバラバラに照明やらパソコンやらエアコンやらを使うなら、トータルでは使用量増えているんじゃないの?」
父「うーん、会社は、とりあえず与えられた目標(職場としての15%OFF)を達成することしか考えていないからねえ」

 どうせ電気を使うなら、みんなの分をまとめて使った方が節約になるような気がするんです。会社を往復する際の節電効果が、べらぼうに高いとか?
 目先の数値にこだわって、大局を見失っているわけでもないのでしょうが……

この記事のURL | 世情 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一人暮らしとアルコール
2011/07/09(Sat)
 実家を出たとき「すみさんはお酒弱いけど、一人暮らしを機に飲むようになるかもね」と職場で言われたことがあります。
 その人も実家暮らしのときは全く飲まなかったのに、東京来て2年目頃から自宅でビールを飲むようになったそうです(夕飯のおとも……というか、夕飯の代わりに)。ちょうど、後輩から、自宅で飲むようになった、という話を聞いて間もない時期だったから、私もそうなるかもしれないと思ったのでしょうか。

 で、家を出て1年半。本日、はじめて自宅でアルコールを飲みました(カクテル系の安い缶)
 飲んだ感想として……まあ、当分アルコールは買わないと思います。

 もともとアルコールに弱い体質なので、アルコールを飲みたいと思わないんですよね。1人でほろ酔い気分になっても、そんなに楽しくならないし。今日珍しく手にとったのも、家で仕事をしなくていいというのが大きかったし(最近は週末のたびに何かしら持ち帰っている)
 それに加えて、私の嗜好が、「甘いものが好き」なくせに「炭酸が得意じゃない」んです。小さい頃にコーラ類を全く飲まなかったせいか、炭酸飲料を美味しいと思えないんです。「爽快感」とかも特に感じないし。お酒が進むのを抑える、という意味では効果的だと思いますけれど。
 ビール類は苦いから好きでなく、カクテル系は炭酸入りだから心惹かれない。両方の条件に合致するのって梅酒くらいじゃないでしょうか(高いお酒は飲まないので除外)

 お酒はみんなでワイワイ飲むから楽しいんです。
 のどが渇いたら、麦茶やウーロン茶(冷蔵庫常備)でいいじゃないですか。
 甘いのが飲みたいなら、ジュースやアイスティーでいいじゃないですか。
 大人になれない、お子様な舌をもつ私は、そう思うのです。

この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
近況
2011/07/05(Tue)
 相変わらずご無沙汰しております。生きています。
 仕事に追われ、乙女ゲーとドラマとアニメにうつつを抜かしていたら、1ヶ月近くご無沙汰になってしまいました。

 6月中は、主に乙女ゲーやっていました。ただし、コンシューマー系じゃありません。個人が作成したパソコン用フリーソフトばかりです。
 2月末に発売された『遙かなる時空の中で5』の恋愛イベントの少なさにがっかりしていたところに、ミュージカル(ロミジュリ)見たら、あっさり関心が移ってしまったので「私もう商業乙女ゲーはハマれないのかもしれない」と、最近は距離をとっていたんです。お金払って買っても、全クリアしなさそうだし。
 そうは思ったものの、時折やりたくなるのが乙女ゲー(笑)。さいわいフリーソフトならフトコロ痛まないし、プレイ時間短くてすむ傾向があるので、ここぞとばかりに最近話題の作品にいくつか手を出してみたわけです。
 バーテン見習いが主人公のゲームではメインのバーテンダーさんに一途に惚れ(ダメな面があるけど大人ないい男なんですよ)、昔やったゲームのリメイク版を勢いに任せて一気にクリアし(久しぶりのエンディングをいくつか見られて満足)、素直になれない白雪姫とそっけない従者のカップリングに萌え(従者の嫉妬バンザイ)、病んでる魔法使いさんを改心させたくて奔走し(でも主人公は無用心すぎ・笑)、ホラー苦手なのに1プレイ5分程度の気軽さに負けて脱出ゲームの全エンド見つけたり(あまりに怖いのでイヤホン外して絵とテキストのみでプレイしました)……etc。
 うん、充実してるね☆

 ドラマはJIN。テレビドラマを毎回きちんと見て、ネット上の熱い感想を見て楽しんでいました。ドラマ自体も面白かったけど、それをあーだこーだ言い合うインターネット上のやりとりが楽しくて。私は傍観者に徹していましたが、最終回直後の怒涛のごとく繰り広げられる推論と感想の嵐は本当に面白かったです。

 最後のアニメはハガレンですね。映画観て(11.5巻のために初日に行きましたとも)、久しぶりにテンションがあがりました(ロイアイの出番はほとんどないって聞いていたから、そんなにショックなかったです)。以来、約束の日以降のアニメ全部見直したり、単行本を1巻から読み返したりしています。やっぱハガレンは面白いよなあ。


 今後の予定としては、相変わらず仕事に追われる予定……ううっ(涙)
 あ、今月は三連休に京都・大阪に行くので、ぼちぼち祇園祭(つーか山鉾)について調べないと。今日の帰りに地元本屋に寄ったのですが、祇園祭に特化した京都のガイドブックは見当たりませんでした。もうちょっと大きな本屋さんに行ってみるかなあ。


 空白期間の更新は、時間をみて、少しずつあげていきたいと思います。気長にお待ちください。

この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハガレン映画
2011/07/02(Sat)
 特典の11.5巻が欲しいためだけに、初日に行ってきました。
 特典なかったら、正直、レディースデイしか眼中になかったと思います(最初の水曜日なら確実に残っていただろうけど)

 新宿の映画館で観たのですが、私の知らない間に改装されていて、すっかり綺麗になっていて驚きました。最近はどこの映画館もオシャレで椅子の座り心地もよくていいですね。ただ、飲食物は対面式の販売のみなのか、自動販売機を見かけませんでした。ペットボトルの方が楽なんだけどなあ(持ち帰れるし)

 映画の感想は後述。

 映画を観た後に映画館を出たら、お向かいのアニメイト(旧さくらやホビー館)がオープン初日だったようで、整理券を配るほど繁盛していました。せっかくだから中をのぞいてみようと整理券をもらったら、印刷されていた時間は約2時間後(うわあ)。仕方ないので、お昼ごはん食べて、隣の本屋で時間をつぶして、改めて訪問。
 店内は、さほど広く感じられませんでしたね(池袋店に慣れてしまうと特に)。さくらやホビー館のときは、狭いと思わなかったのだけど、扱うコンテンツに差がありすぎるせいでしょうか。グッズの類は、最近はまっている作品がないので「今はこういうのがあるんだなあ」と思って流した程度。CD/DVDゾーンは通り過ぎただけ。ゲームは初日からセール品があったけど、私がやりたいものはなかったのであきらめる。コミック・ライトのベルはいろいろありましたが……目と鼻の先にでっかい本屋があることを考えると、そこまで魅力的な作りではなかった気がします。むしろ「これから本屋と客の奪い合い始めるんだろうな」と微妙な気持ちに……
 オープン記念なのか、ハガレン(映画)とテニプリ(映画)の台本がガラスケースに入れて飾ってあって、それを見られたのはよかったです。

 では、改めて感想など。ネタバレ注意。

この記事のURL | 漫画・アニメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。