2011 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2011 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
レンタルドレス初体験
2011/11/27(Sun)
 レンタルドレスというシステム(商売)があると聞いて私が興味を持っていると知った友人が「今度行くけど一緒行ってみる?」と声をかけてくれたので、二つ返事で出かけてきました。
 店舗引越し中ということで一部のドレスしか置いてなかったのですが(お店のお姉さんいわく「人気のものや、いろんな体型の人が着られるもの」を選んで残してあったらしい)、それでも次々と出てくるドレスはどれもきれい。ドレスってあまり着る機会がないので最初は遠慮がちに勧められたものを着てみる。その横でレンタルドレス利用経験のある友人は「時間が限られているから」とどんどん着ていく。言われてみれば確かに時間がない(試着は予約制でした)。どういうのが似合うかわからないから聞きながら着てみたり、自分で可愛いと思った服を試着しているうちにだんだんテンションUP。最後は着られるだけ着てデジカメ写真を撮ってもらっていました。

 私は背丈があるので、最初に裾の長いドレスを着せてもらったんだけど(優雅なお嬢様ぽいドレスだった)、次に勧められた膝丈のドレスを着たときにお店の方が「こっちの方が似合ってますね」と言ってくれました。どっちもわりとシンプルなデザインだし、小柄な人=ミディアムドレス・大柄な人=ロングドレスってイメージがあったので、何が違うのかわからなくて聞いてみたら「こちらと比べると、最初の服(ロングドレス)の方が重たい印象です」ということらしい。裾の長いドレスって着るの難しいんですねえ。
 結構な膝上丈も勧められて着ましたが、そちらはかなり足が出ていたので、そのドレスだけは写真撮らずに「はい次の服」と逃げました。いや、膝上丈のスカートいっぱい持ってるけど、ドレスで勝負する気にはなれない……(ちなみに私にとって最悪の裾丈はふくらはぎ(超筋肉)の太さが強調される長さです。デジカメ試着写真見て思わず笑ってしまったほどです)

 短い時間でしたが、ドレスの試着って普段なかなかできないので、楽しかったです。友人のデジカメで撮ってもらったので、後日データをもらう予定(実際とデータでは印象違うけど、資料として)。試着時点でお気に入りはありますが、デジカメ画像を見て改めて決めたいと思います。

この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これから生きていく命
2011/11/23(Wed)
 友人のお宅にお邪魔してきました。
 現在育児休暇中の友人のお子さんが、予防接種を一通り終えたそうで、ボチボチ遊びに行っても大丈夫だと言ってもらえたんです。世間では風邪がはやりだしていますが、私が風邪菌を持っていくにもいかないので、体調には細心の注意払ってお伺いしたわけです。
 友人に会うのは3~4ヶ月ぶり、赤ちゃんに会うのは初めてです。

 友人宅の赤ちゃんはだいぶ男前な顔立ちで、きゃっきゃと笑う可愛らしいお子さんでした。私がお邪魔した時間が散歩の後だっということで、眠そうなんだけど、一人きりでそーっと(寝かせようと)するとぐずってしまう。別な友人(子育て中)が言っていた「まだ眠り方がわからない」状態なのかもしれません(勝手な推測)。でもパパかママが姿を見せると、泣きやんでにこにこするの。あーもー可愛いなあ、と友人があやしている姿をほのぼの眺めていました。あ、だっこもさせてもらってます。当然です(えへん)
 赤ちゃんのお写真をたくさん見せてもらいながら、友人のお話もいっぱい聞きました。子育て経験も育児に関する知識もあまりないので、逐一説明してもらいながらのおしゃべりになりましたが、たくさんの幸せと不安を抱えている印象を受けました。はじめての子育てで心配になることはいっぱいあるようだし、それでも赤ちゃんが本人なりのペースで力強く育ってくれていることも伝わってきて。子育てにおいて、幸せと心配はコインの表裏なのかもしれません。
 思ったより長めの滞在になってしまいましたが、赤ちゃんを心ゆくまで眺めさせてもらって(だっこもさせてもらって)、友人と久しぶりのおしゃべりと楽しめて、とても充実した時間でした。ありがとうね♪

 今日のタイトルは友人が出産したときの先生のお言葉。このエピソードすごく好きなのですが、友人と息子さんのプライバシーなので、前後の関係は省略します。
 ただ、生まれてきた赤ちゃんを「これから生きていく」というのが、素敵だな、と思ったので。

この記事のURL | 友人・身内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
季節の変わり目
2011/11/20(Sun)
 寒暖差が激しくなり、職場で風邪をひく人が出てきました。電車の中でもゴホゴホいう人もいるようです。急に寒くなってきたからでしょうね。
 今週は赤ちゃんのいるお宅に遊びに行かせてもらう予定なので、風邪は私にとっても死活問題です。仕事で忙殺されていても、風邪ひかないように頑張るつもりです。

 みなさまも、どうぞご自愛ください。

この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の星座
2011/11/17(Thu)
 旅行前は校了を間に合わせるために残業続きでしたが、旅行後は次号の原稿を印刷所(組版所)に入れるために残業続きです。今週はついに「職場最寄り駅の終電」に乗って帰る経験まで。営業さん、さすがに仕事量が許容量オーバーです……

 遅く帰るのはつらいですが、帰り道に夜空を見られるのは楽しいです。帰り道を歩きながら夜空を見上げて、中天に輝くオリオン座、その周囲をにぎやかにする星星を眺めるととても幸せな気分になります。秋は月が美しいけど星は少ないから(東京の場合)

 ここ1・2年(?)は職場にこもりっきりで季節の変化を感じることが少なくなっているので、夜空に心を癒されています。

この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
好きなところもあるけれど盲目的には愛せない
2011/11/06(Sun)
 二回目の観劇をしてきました。
 今回は貸切公演だったので銀橋場面の正義のヒーロー場面が「阪○交○社!」ってキメセリフで大笑いさせてもらいました。また、2階席から見たので、前回わからなかった場面もいろいろ見られたのは良かったと思います。ダルタニアンとルーヴォアの会話の背後で影絵があるのはじめて気づいたし、ショー後半の上手の贔屓さんもいっぱい見られて楽しかったです。2回目の観劇で、前回見られなかった分を補えたという意味では、おおむね満足しています。

 その上で、前回芝居で理解できなかった疑問点を解消し、その理由を考察したところ「宝塚のシステム」になじめないせいだろう、という結論に達し、微妙な心境になりました。

 以下、ぐだぐだした感じなので興味のある人だけどうぞ。

この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カナリア
2011/11/05(Sat)
 今日は仕事入れずに舞台を見てくる予定だったのですが、昨晩片付かなかった仕事があったので、午前中は自宅で仕事をして、昼過ぎに職場に出かけてメールと宅配便を出して、それからミュージカルを観てきました。土曜日にわざわざ出社して40分で帰るって、ものすごく時間の無駄遣いですよね。

 今回見たのは宝塚花組の『カナリア』。10年ほど前に上演されたコメディです。人気があるらしく、私も名前は聞いたことがあります。
 以下、相変わらずネタバレ配慮なしの感想。未見の方はご注意を。


この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ふぐ
2011/11/03(Thu)
 うちの父が突然「フグを食べに行こう」と言い出しました。
 私は(というか、父以外の家族全員)フグを食べたことありません。急に「みんなに食べさせたい」って何があったんですか。未知の食べ物を勧められたとき、喜ぶより「い、いや、私はいいです」と遠慮したがる食わず嫌い(偏食)な私は、一瞬躊躇したのですが、父の発案は純粋な好意によるものだし、食べてないのに無下に断るのも良くないというわけで、夜に家族で集まってフグ屋さんに行ったわけです。

 フグ料理初心者ばかりなので「とりあえずコースにしとけばいいんじゃない?」と注文。ドリンクは「明日も仕事だから」とアルコールは避ける。家族で近況話しながら、出てくるフグ料理を順番に食べる。てっさは本当に薄いなあ、とか、フグはもみじおろしで食べるのか~、とか、骨いっぱいついていて食べにくいなあ、とか、いろいろ発見しながら舌鼓をうっていました。
 味は、わりと美味しかったと思います(「すごく美味しい」というほどヒットもしなかったけど)。父さん、ごちそうさまでした。

 「フグ(フク)=福」とつながることから、フグは縁起のよい食べ物だと聞いたことがあります。何かご利益があるといいな(笑)


この記事のURL | 友人・身内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。