2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
残業
2007/09/15(Sat)
 うちの会社は15日シメなのですが、今月の残業時間が50時間を超えてました。就業時間もはじめての200時間オーバーです。夏休みあったのにこの数字……やばい、上司に怒られるかも(汗)。でも、どうやっても仕事終わらないんですよ。残業しすぎて怒るくらいなら、残業しなくてすむ仕事量にしてくれればいいのにね。
 今年はじめに辞めたベテラン女性上司の代わりに入ったのが未経験者(教科担当者としても、編集者としても)だったことで、編集部の戦力は大幅DOWN。全教科見られるオールマイティな同期は社会(=新人指導)にかかりっきりになってしまい、彼女の担当だった理系の仕事は他の理数系担当者に強制引継ぎ(理系メンバーは首が回らなくて「てんやわんや」中)。私も国語のフォローがほとんど望めなくなりました(いつも相談していた女性上司が消えて、同期が忙しくて、新人は社会で精一杯で、英語の先輩にかろうじて聞ける程度)
 そんな状況なのに、営業さんが頑張ってどんどん新しい仕事とってこようとするから、こまごまとした仕事も増えてるんですよね。会社の利益のためでも、編集部のキャパシティ以上の仕事は勘弁してください……
 次に転職するときは、何はなくとも、同じ教科担当が2人以上いる会社がいいです。相談相手がいないのは、本当に厳しい。個人的にはこのベストアンサーレベルの先輩or上司が一人いらっしゃっる職場希望。31500円の「日本文法大辞典」に心ひかれる今日このごろです。

 そんなうちの会社であった、最近のあれこれ。

●女性飲み会
 事務のお姉さんが昨年末に寿退社して以来すっかりごぶさたしていた女性限定飲み会。夏の終わりに「随分やってないよね。久しぶりにやろうか」と同期と話して、開催してきました。編集部の新人のコは仕事が終わらない、と言ってたので不参加。私と同期と事務の女の子(彼女も新人)の3人で飲み屋でくだまいてました(笑)
 傍目に見てて十分わかってたことだけど、同期は新人指導になかなか疲れていました。もともと「人に教えるのは得意じゃない」って言ってたし(多分本人が仕事「できる」人だから、後輩に求めるレベルも高いんだと思う)。同期に「(新人指導)がんばってるよねー」としみじみ言ったら「わかってくれる!?」と心底嬉しそうに言ってたのが印象的でした。後輩に「早く一人前になってほしい」「頑張ってほしい」という気持ちが前のめり気味で、千尋の谷底にわが子を落とす獅子のようなモードに入ってるみたいです(同期、がんばれ! できる範囲で私も手伝うから)
 一方の私は、相変わらずどこぞの塾の担当者の不満など言ってたかな。飲み会でグチばっかり言ってたわけじゃないけど、記憶に残ってることの大半が「つらいこと」「苦しいこと」であることに、最近の仕事がどんなだか改めて実感させられました(苦笑)


●評価してもらえるのは嬉しいけど
 いつも大変お世話になっている(※良い意で)塾さんのところに、うちの営業が夏の終わりにお邪魔してきました(本州ではないトコロにあるので、営業も滅多に足を運べない)。その報告書がメールできてたのですが、塾さんはうちの作った中3向けテストにおおむね(金銭面以外)満足してくださってるとのこと(やったね!・嬉) でも、他の業者にやってもらってる小学生~中2向けテストに不満があると聞いたので、いろいろ用意してアプローチしたい、と報告書に書いてありました(やばいね!・怖)
 報告書を見て私も同期も先輩も不安いっぱいの顔になり、「どうなるんだろう」「そんな余力ないよね」「外に出すのかな?」「でもチェックするのは結局うちだし」と話していました。聞いてないけど他の編集部の人もそう思ってそう。どうなることやら(戦々恐々)


●社会担当者不在時の会話
 社会担当の2人が昼休みで不在の間に、ある社会の問題について「AだけでなくBも正解では?」という電話がきました。理科担当者が代わりに聞いてくれたのですが、理系だけあって、指摘された内容がいまいちわからなかった模様。折り返し担当の者から連絡させます、と一度電話を切って、私と二人で問題の確認に入る。(以下、各担当教科の名前でお送りします)

 理:世界遺産のある都道府県の質問なんだけど、Bの都道府県も該当するって。
 国:Bの選択肢(都道府県の特徴が書いてある)……これは北海道のことですね。
 理:そうなの?
 国:多分……(解答を確認)ああ、北海道ですね。北海道に世界遺産……ええと……
 理:おれは文系はさっぱりわからないからなあ(苦笑)
 国:なかったような……あ! いえ、あります。ほら……(名前が出てこない)
 理:……?
 国:えっと、ほら、あの……(やっぱり固有名詞が出てこない)……っ、湿原の
 英:知床?
 数:釧路?
 国:!?(「英」さんも「数」さんも聞いてたの!?) って、ええ、はい、そうです。釧路湿原。

 英語と数学担当の上司ズよ。あなたがた、もしかして、私が言葉が出なくて悩んでた間、気づいてて黙っていたんじゃないでしょうね……だとしたらめちゃくちゃ恥ずかしいんですけど……
 間違い(複数正答)が判明した後の対応は、教科担当者のお仕事。社会の新人さんは「はじめての誤植」だったので、対応とか全くわかってなくて、色々大変そうでした。私も最初の1~2年は誤植出しまくったけど、そのたびに上司にこういう風に迷惑かけてたんだなあ。当時は気づかなかったいろんなことが見えて、当時の上司&先輩に心から感謝したくなりました。

 なので、ここにお礼を書いておきます。
 当時はいろいろ本当にありがとうございました。>Nさん

スポンサーサイト
この記事のURL | おしごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<新作が出るので姿を消します | メイン | ヲタ姉弟の会話>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/127-221c5f0e

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。