2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
がんばれ受験生
2008/01/16(Wed)
 弊社で実施している正月明けのテストも、成績表と共に生徒さんの手元に戻る季節です。1月は小6・中3という本番直前受験生の答案が優先的に返却されます。小6は非・受験生用の問題を担当しているので、私と直接関係があるのは中3の受験生のテスト。最後のテストは「本番に向けて自信をつけるように」とやや難易度を下げてあるのですが、思った以上に平均点が高くてへこみました。もう5点くらい下げたかったなあ。

 今年度は「国語リスニングテスト」も実施しました(実施時期は身バレを防ぐため秘密です)。初めての試みで、私@シロウトの滑舌で大丈夫だろうかとすごく心配したのですが、塾の先生によると「支部から本部への問い合わせは1件もなく終了しましたよ」とのことだったので、ほっとしました。
 その電話で先生とも話したのですが、本当に細部まで、徹底的に先生に相談して決めましたからね。放送自体の内容はもちろん、放送時間、設問ごとの「間」の調整、「これからリスニング問題の試験を開始します」の表現や「“放送”が終わったらテスト本体を開いてください」と「“問題を解き”終えたらテスト本体を開いてください」のどちらにすべきかという調整まで。
 今年度のリスニングテストについて、本当の意味で「よし、大丈夫だった」と思えたのは、生徒さんに答案が返却されて一週間後ぐらいでしたから(答案を見た生徒さんからのクレームが編集部に来なかったから)。受ける人にとっては「テストの問題の1つ」程度でしょうが、私にとっては本当に大きな「問題」でした。

 そうそう。上記のリスニングテストは記述問題がついていたのですが、解答を見るとおもしろいですね。生徒一人一人のいろんな考えを、興味深く読ませていただきました。
 放送された(=私が読んだ)のは「ある中学生の意見」なのですが、答案に「この“生徒”は……」とか書いてあると「私は中学生じゃないのにねー」とくすぐっくて(笑)。私の地声はそれほど高く(可愛らしく)ないのに、実年齢の1/2の年齢のように扱われるなんてね。嬉しいような、申し訳ないような。
 また、放送された「意見」に対する自分の意見を書く小問もあったのですが、そこでおもしろい傾向を発見しました。ずばり「トップクラスの成績優秀者は放送内容に沿った論を展開する。やや下がると異論(持論)を展開する子が混ざってくる」こと。全ての答案を見たわけじゃないので(せいぜい100人くらい?)、私が見た答案の子たちだけの傾向かもしれません。でも、賛成意見はどの成績層にもいたのに、反対意見がトップ層にだけはほぼ皆無で驚きました。トップ層の処世術を見た気がします。
 ちなみに、私の書いた解答例は「放送内容に対する反対意見」でした。あは、あはははは(苦笑)

スポンサーサイト
この記事のURL | おしごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<寝起きの判断力にはご注意ください | メイン | 週末の編集部はカラでしょう>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/181-96d90579

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。