2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スクール時代の同級生カップル→夫婦
2008/04/29(Tue)
 スクール時代の友人が結婚して、二次会にお呼ばれしたのでお邪魔してきました。
 新郎Kくんはスクール時代に少女漫画をいろいろ貸したことのある男の子。新婦Hちゃんは在学中より卒業後に仲良くなった、穏やかで気遣い上手な女の子。2人とも大学出てスクール入ったはずだから、まだ26歳くらいじゃないかな。数年のお付き合い・同棲を経てのゴールインです。

 披露宴にはお呼ばれしていなかったので、同じく二次会から参加の友人と早めに合流してお茶することにしていました。彼女は結婚式とか二次会に出たことが(ほぼ)ないようで、いろいろわからなかった模様(彼女もまだ20代半ばだから)。新婦に「二次会は友人ばっかりだから着飾らなくていいよ」と言われたとはいえ「ジーンズでもいいのかな?」と聞いてきたときは全力で否定しておきました(当日はワンピースでしたよ)。他にも「プレゼントをしたい」と熱望していたんだけど、事前にプレゼントを買う計画は私が多忙で無理で、二次会受付でご祝儀を渡す計画(私はこれやった)は銀行のキャッシュカードの磁気部分が壊れたために潰れ(でもご祝儀は窓口で新札にしてもらうものでは?)、花束を買おうとした計画はバラ&バルーンの組み合わせがバラのトゲ(小さくて全部摘み取ることが不可能とのこと)でおじゃんになりました。個人的に「当日」にプレゼントを渡すのはどうかと思った(言った)のですが「何もしないのはイヤ。良識なんて捨ててやる」と言ってました(笑)。私と対極的で、非常に友人らしい行動です(褒めてます)
 彼女的には、欧米の結婚式で友人たちが新郎新婦のためにいろいろ仕込む可愛いイタズラに類すること(=手作りのお祝い)を何かしらの形でしたかったのだそうです。友達思いで熱意は買うんだけどなあ……でもここ日本だし……

 友人とお茶。ひたすら職場の話。転職活動とか、職場の使えない人間の話で盛り上がってました。友人は、そりの合わない使えない同僚をやっと放逐(相手が編集から営業に異動したらしい)できたけど、そのおかげで忙しくなったと嘆いていました。「いつもは無理してでも連休は有給とって実家帰ってたのに、今年は後半の連休しか帰れない」と。
 私は自分の転職話は置いといて(時折履歴書は送ってますよ)、職場の理系先輩の嘆きを語ってみました。使えない編プロが相手だと大変だよね、その人たちは仕事全くできなくて苦労ばっかりしているのに楽しいんだろうか、とか。
 その後本屋へ移動。友人が児童書コーナーでファンタジーの新刊(四六版のハードカバー)を見つけて躍り上がっているのを微笑ましく見守っていたのですが、かくいう自分も『精霊の守り人』シリーズの新刊を見つけて迷わず購入してしまいました。「ファンタジーとか冒険ものっていいよね」「ね」と二人でご満悦。かさばるし重たいけど、本の重みは愛の重みだからいいんです(笑)

 受付の時間になったので、二次会会場へ移動。受付はスクール時代の同級生たち。みんな着飾って綺麗だわ♪と目を細める私の隣で首をかしげる友人。会うのが久しぶりだった人たちもいたせいか、着飾っていたため、誰だかわからなかったとのこと。「ひどーい」とみんなに笑われてました。名前を告げて(顔見知りだから告げてなかったかも?)ポラロイドカメラで写真撮影。余白にメッセージを書いて指定のボックスに入れておくようにと指令(1)。続けて白紙のビンゴゲーム用紙を渡されて「参加者に名前を聞いて書き込んでね」と指令(2)。どうやらポラロイド写真で人名ビンゴゲームをやるらしい。
 会場は新婦の友人ズと新郎の友人ズが妙にくっきり分かれて座っていましたが、名前を25人分聞かなくてははじまりません。どっちも遠慮なく歩き回って「すみません、お名前を頂戴できますか?」と名前交換を繰り返す。何とか25人集めた後で「あ、自分の名前書けば24人でよかったんだ」と気づきました(笑)。名前を聞いているうちに、みんな打ち解けた感じになってました。こういうのも良いかも。
 新郎新婦入場。新婦は知り合いにウェディングドレスを作ってもらったのですが、それをお召しになって登場でした(可愛くて似合ってた♪)。新郎も正装。高砂に案内されて、簡単な挨拶の後に乾杯。しばらくはごはんを食べながら歓談。新郎新婦のところはいつも人だかりで、なかなかお話できませんでしたが、多少なりともおしゃべりできて一緒に写真も撮ってもらえてよかったです。
 ビンゴゲームは粛々と(笑)。私の名前は呼ばれることはありませんでしたが、景品はゲットできました。某スパのペア入場券で、景品の中ではかなり高ランクな品だと思われます(多謝)。ただ、私、スパ行ったことほとんどないんだよね……誰を誘おうか。
 二次会は花嫁やスクール時代の友人ズとまったりおしゃべりしているうちに時間が過ぎ、全員で記念写真を撮影して終了。とても楽しい時間でした。

 Kくん・Hちゃん、このたびは本当におめでとうございます。末永くお幸せに。
 そしてHちゃんはまた一緒にごはん行きましょう♪ いろいろお話聞かせてね~

スポンサーサイト
この記事のURL | 友人・身内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<北の国へ旅立つ前に | メイン | 似たり寄ったり>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/236-4897e69b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。