2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ゆくもの
2008/09/06(Sat)
 うちの会社とお取引のある印刷会社のひとつ、某A社。社長さんがワンマンなのか、どうも社員と仲が良くないらしい。かつて社員が同時に大量に辞めたことがあるのですが、そのときは残った社員さんと、新しく入った社員さんが頑張ってくれたおかげで、何とかなりました。
 が、この夏、再度社員が一括で大量に辞めてしまいまして。しかも今回は、前回残った社員さんまで辞めるらしい。その方たちの退社1ヶ月前、6月下旬にその話を聞き、うちの社長も「さすがに今回はヤバイ」という匂いを感じたらしい。今まで頼んでいた仕事を(版下用データ含めて)引き上げ、今までA社に頼んでいた仕事は新しくB社というところにお願いすることになりました。新しい印刷会社が決まるまでは、うちもけっこうバタバタしましたが、B社さんとは今のところ順調にお仕事させてもらってます。

 さて、そんなドタバタ後の7月下旬。
 A社の皆さんが辞める直前までお願いしていた仕事の一部を、後輩が皆さんの退社後に印刷会社に送っていたということが判明(正式な退社日を聞いていなかったから、それ自体は仕方ない)。その仕事について、送ってから何の反応もないという。印刷会社に電話しても誰も出ないらしいので、「A社、本当に1人もいないんじゃない?」「宅配業者に確認とって、可能なら送り返してもらったほうがいい」という流れに。後輩が宅配業者に電話をすると、受取人不在で宅配会社のセンターにとどまっていました。おかげで送っていた校正紙はすんなり戻ってきたのですたが、宅配会社の人には「A社さんの連絡先知りませんか?」と聞かれて困ったそうです。どうやら、うち以外にも宅配物がいろいろあって、受け取ってもらえず困っているらしい。
 「本当に、誰もいないんだろうね」とみんなで苦笑いしたものです。

 そして本日。うちの社長が「A社、完全に消えたから」と話していました。A社も社長サン1人ではどうにもならなかったようです(何とかする気もあったのかどうか)
 不景気が理由の倒産もあるでしょうが、小さい会社は、社員と社長の関係も大事なんだろうな、と思った次第です。

スポンサーサイト
この記事のURL | おしごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<樹を育ててみることにしました | メイン | さるもの>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/285-c8ddc427

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。