2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
MIND TRAVELLER
2006/12/02(Sat)
 本日は宝塚観劇してきました。大劇場のほうじゃなくて、日本青年館の方。
 宝塚のシステム(?)に詳しくない方のために説明しますと、宝塚は普通は「組」単位で宝塚大劇場(兵庫)→東京宝塚劇場(東京)で公演します。それとは別に、「組」を二つに分けて、片方を全国ツアー、もう片方を2番手(3番手)の男役を主役にした公演として同時興行することがあります(2番手の経験になるし、実力や人気を測る機会にもなる)。今回私が行ったのは、花組2番手さんが主役の公演『MIND TRAVELLER』です。

 当初、チケット前売り初日が別な公演のチケット発売日と重なってて入手できず、あきらめていたんです。私のひいきが公演キャスト内では男役2番手になるから(※全国ツアー組が抜けて必然的に順位が上がる)かなり心残りではあったのですが。
 いざ大阪での公演が始まって、ファンサイトで感想を見ると「作品としては駄作」という声が多かった(汗)中、「まっつ(※私のひいきの役者さんの愛称)はいつもと違う役どころで、せりふも多くて、見ごたえある。ファンなら通える」という意見もちらほらありまして。「駄作でも通える何かが今回の彼女(男役だけど)あるのか!」と、東京公演のチケットをネットで譲っていただきました(多謝)


 以下、ネタバレというより、宝塚の生徒さん(=役者さん)たちへのファンモードな感想となります。心の広い人だけどうぞ。
 さて、お芝居の感想。簡潔にまとめれば「ネットでの評価におおむね同意」というところでしょうか。
 テンポが良くて盛り上がり方は悪くないから、見ていて楽しい。けど、ストーリーがご都合主義。推理ものっぽい匂いはするのに、真相は一幕の間に読めてしまう。舞台セットも味気ない。細部をみれば、脳手術をしたはずなのに頭髪そってなかったり、手術後にすぐ面会できたり……アラが目立つ舞台でしたね。残念ながら。

 良かったのはダンス。今回の主役だった男役さんはダンスが得意なのかなーと思うくらい、ダンスの見せ方は良かったと思います。歌は少なかったなー。あっても主役コンビが歌ってばっかりで……私のひいきは……(涙)
 キャストは、主役コンビは頑張ってたと思います。社長は女性とは思えない渋い役作りで感心しました。刑事とボディガード仲間のコンビは本役の堅実な演技のほか、入院患者の演技に笑わせていただきました。個人的にはDJと弟クンの役者さんがラブリーで良かったと思います。いい男役に育ってくださいねー。

 今回の主目的である私の好きな役者さんについて。
 彼女は歌と演技に定評のある人で、冷静冷酷な医師としての演技はクールでカッコよくて、でもヒロインにはちょっと情を見せちゃったりして、「宝塚の生徒として」は十分上手だった……けど、彼女ならもっと魅せることができるんじゃないかな、とも思いました。「真面目でやさしい青年」という役どころが似合う人だから「鬼畜(マッド)系」は難しいかもしれないけど、演技力が十分あるだけにもったいない。まあ、ファンとしては十分楽しめましたが(笑)
 悔しかったのは歌。とにかく、彼女の歌が少ない! ほとんどない! あっても「海馬の歌」程度。まっつは歌が素晴らしいのにいいいいいぃぃぃぃぃ。主役の得意ジャンルにあわせてダンス重視になったのか、歌が少なくてものごっつ残念。彼女が歌うときは、うっとりひたりながら、必死に(笑)聞いてました。彼女の歌声は耳に心地よく響いて、本当に良いんですよ。
 お芝居の後の短いショーで出まくってくれたのも嬉しかった。普段の宝塚のショー(レビュー)は「同じようなメイク&大人数で踊ってて、誰が誰だかわからない」のですが(汗)、今回は人数少ないし、前方席で皆さんのお顔もしっかり識別できたから、ひたすらひいきを追いかけてました(笑)。この公演内では男役二番手だから、ダンスの間もずっと出張ってくれてたし。貴重な幸せをありがとう。
 そして、ショーで笑顔になってたくせに、最後のフィナーレでは役の演技に戻って無表情のご挨拶をしていたのが印象的でした。そして、挨拶後の流し目は反則なまでに色っぽかった……。視線もらった全国ツアー組生徒さんズが羨ましいデス。


 特筆すべきは、全国ツアー組のいた雰囲気でしょうか。
 宝塚はよくいえば「家族的」、悪くいえば「馴れ合い」な集団なので、身内がいると、その人たちに積極的に関わっていくようなネタが増えるのですよ。個人的にはこういうのが「学芸会」といわれるゆえんの一つだとも思っているのですが、宝塚とはそういうトコロなのだ、と割り切ってしまえば結構楽しめます。
 今回だと主役がDJの真似をしながら「全国ツアーおつかれさま」と即興で歌ったり、病人たちのモブ会話で「『うたかたの恋』(※全国ツアー組の演目)見に行こうぜー」「もう終わったんじゃないのか?」なんてやりとりがされたりするわけです。カーテンコールのときも、主役さんがご挨拶に続けて「本日は全国ツアーを終えた花組の方々が来てくれました」と紹介してたし(花組男役トップ@おさサンが立って手を振ってこたえてた)
 こういう日は、舞台上の役者さんたちの演技だけでなく、観客席の雰囲気も違います。観客席に座った生徒さんたちは舞台を盛り上げて、とても楽しそうに見ている。一般客のテンションも高くなる。隣席のおばさまが「午前も見たけど、午後の方がアドリブ多いし、ノリが良いわね」と言っていたのもうなずけるというものです。
 そんな感じで、楽しくなごやかな雰囲気の中で観劇できて良かったです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ノロ? | メイン | 準備は急には始められない>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/3-ee95b858

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。