2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
修羅場終了で息もたえだえ
2009/07/11(Sat)
 昨日、自社テストを一気に5本校了にして、ちょっと落ち着きました。
 ただでさえ塾向けのテストの本数が増える季節なのに(塾によってはテスト4ヶ月分6本同時進行中)、今回のテストの本数の多さ&時間の無さはかなりキツかった。ここ数日は編集部全員夜遅くまで残業して「ボロボロ」になりながら頑張りました。いつもは誰か1人は定時後1時間以内に帰るのに。

 この「ボロボロ」、比喩表現でなく、本当に満身創痍でした(特に私が)
 先週末から咳がとまらなくて、最初は「睡眠が2~3時間の日が続いてるから、風邪ひいたかも」と思ったのに、熱は出ず(頭痛腹痛もなく)、咳だけが止まらない。しかも咳はだんだん悪化してくし。一番苦しかったのは就寝時で、寝てても咳き込んで1時間おきに目が覚めていたほど。これは気管支炎かもしれないな~と考えつつ、病院行く時間も惜しいから、のど飴だけで仕事を乗り切る(編集部のみんなには咳がうるさくて不快な思いをさせたと思います。すみません)
 追い討ちをかけるように今週中盤は足つるし(一度足をつると筋肉の緊張が数日続くからイヤ)。睡眠時間はあんまり取れないし。体がヘロヘロなところに校了にしたテストで誤植見つて落ち込んだり(刷り直し決定)、お客さんからテキストについて誤植の指摘&ご批判をいただいて電話口で恐縮したり。心身ともに参るっちゅーねん。

 修羅場を終えた翌日の今日、ようやくお医者様のところへ行ってきました。咳のピークは過ぎていた(と思う)のですが、周囲に迷惑&心配をかけている自覚はあるので。

 去年のこの時期(正確には6月下旬)にも、咳が止まらなくてお医者様に診てもらったことがあるのですが、今回も同じ感じらしいです。「喘息っぽい」感じ。

 去年、病院で言われたときは「私喘息なんて持っていませんよ」と思わず答えちゃったのですが、大人になってから喘息になる人も多いんですね。ノドが弱い(風邪ひくとすぐやられる)自覚はありましたが、気管支が弱いと思ったことはなかったので、少々びっくりしました。確かに、咳き込んだとき気管だか気管支だかが痙攣してるようなイヤな感覚はあったのですが……これが喘息なのだろうか(よくわからない)
 今年も、問診などの結果、同じでしょうとのこと。聴診器を当ててイヤな呼吸音がするわけではないらしいのですが、「ピークフロー」チェック(瞬間的にどれだけ勢いよく息を吹けるか調べるもの。看護師さん曰く「吹き矢をふく」感じ)の数値が「(一般的な数値の)65%」というイエローラインの検査結果が出ているので、呼吸器官が弱っているのは確実なのでしょう。

 症状が同じようなので、お薬も去年と同じものをいただきました。気管支を広げる貼薬と喘息用の吸入剤、それに夜ちゃんと眠れるように睡眠導入剤と胃薬(睡眠導入財が胃にやさしくないので)
 薬ってすごいですね。この1週間、どうやってもとれなかった咳が、薬使ったとたん、すっきりおさまりました(奇跡)。そして、薬が切れた(らしい)タイミングで咳が復活しました。わかりやすい。まあ、そんだけ、自力では調整できないレベルなんでしょうけどね、私の気管支(苦笑)

 とりあえず1週間、薬を飲みながら様子を見て、来週末にでもまた病院に行ってきます。

スポンサーサイト
この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ビアガーデン | メイン | さい。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/441-ba3e8125

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。