2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
上限到達
2009/09/25(Fri)
 本日は給料日。給与明細をもらうときに、社長に呼ばれてお話(個人面談モドキ)をすることがあるのですが(ボーナス支給時とか、年度末とか)、何もないはずの今月も呼ばれました。不思議に思いつつも呼ばれたお部屋に行き、社長の正面の着席。


 ***** レッツ・スタート(カーン♪) *****

社長:今月あなたは50時間以上残業したんだけど、うちは残業代は50時間までしか出せないから。
私:え、そんなに残業してたんですか? すいません、要領悪くて。今後はもう少し早く帰るようにします。

 ***** ジ・エンド(カンカンカーン♪) *****


 社長は「全額出してあげられなくて悪いね」という意味で呼んでくれたようなのですが、そこは全然気になりませんでした。もともと、弱小出版社(?)の基本給の低さや残業代一切ナシの会社が結構多いことを知っている身の上なので。
 編集技術を学ぶべく通っていたスクールに来ていた求人では、条件が劣悪すぎるシロモノが大半でした。たとえば「月給12万円。残業手当・交通費なし。福利厚生もほぼなし」なんて、東京じゃ暮らしていけないと思うんですけどね。さすがにあれは誰も応募しなかったに違いない、と思っています。

 しかし、この会社に入って6年目にして、はじめて残業50時間突破ですか。確かに夏休み明けからの1ヶ月は入試問題の原案作成とかがあったけど、そこまで頑張ってたとは。自分でもにわかに信じられません。
 だって、私には、毎週ほぼ定時に帰る曜日がありますからね(スポーツクラブに行くために・苦笑)。10時過ぎまで1人で残っていた日も何日かありましたが、その日だって、誰もいないフロアで歌うたいながら仕事やってたし(ノリノリ&ハイテンション)
 仕事に追われてはいたけど、追い詰められてはいなかったので、今回のお知らせは本当にびっくりしました。

スポンサーサイト
この記事のURL | おしごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<腰痛もとい筋肉痛(BlogPet) | メイン | 腰痛もとい筋肉痛>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/486-5d3f4b00

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。