2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
贔屓の俳優さん → 蛮幽鬼
2009/10/25(Sun)
 先週は職場の女性陣で飲む機会があったのですが、そこでカッコイイ&好きな俳優さんの話になりまして。みんなテレビ好きらしく、いろんな人の名前が出てくるんだけど、私はすぐに出てこない。顔の美醜の判断基準がゆるくて「一定以上整ってたらそれで良し」なので、「○○さんってカッコイイよねー」という人が出てこない。Aさんが入るならBさんもCさんも……Jさんもいいんじゃない? という感じで際限なくなっちゃうし。
 で、困ってたら「でも内野(聖陽)さんとか好きじゃないですか」と後輩がふってくれました(舞台好きは職場でも公言している)。うーん、確かに彼のこと好きですが、役者として好きなのであって、顔の美醜は私にはよくわからんですよ?(あと顔はおっきい。舞台役者としては表情見やすくて良いんだけど)
 そんな「好き」でもいいのなら、と「顔はわからないけど好きな役者さんなら、内野さんとか、上川(隆也)さんとかだね」とトーク。周りも「彼らは良いですよね」とすんなり同意してくれたので、ちょっとほっとしました。好きな役者さん否定されたら、やっぱり悲しいので。

 そのときたまたま「週末も観にいくんだよ。上川(隆也)さんと堺(雅人)さんの二枚看板の舞台(劇団☆新感線路『蛮幽鬼』)」と言ったら、堺さん好きの同期と後輩ががっつり食いついてきて大変でした。「なまですか!?」「そりゃ舞台だからねえ」「いいなあ」「そ、そう?」 ……以前二人が堺さん好きトークをしてたとき「舞台にも出ているよ」と言ったら反応鈍かったのに(劇場に行ってまで見る気はないのだろう、と思った)

 ──そんな経緯があって舞台を見てきたせいか、上川さん目当てだったのに、堺さんに感情移入して帰ってきましたヨ(予想外・笑)。もともと3階席で表情とか全然見えなかったから、台詞回しや所作、殺陣、そして何よりストーリー重視な見方だったんですけどね。
 以下感想ちらっとネタバレ。

 モチーフは岩窟王。親友殺しの罪を友人2人になすりつけられて、11年間牢獄に入れられた主人公(上川さん)が、牢獄の地面を掘り進めて、神父様……ではなくプロ暗殺者(堺さん)に出会い、彼を解放して強引に脱獄、自分を陥れて親友を殺した人間に仇討ちをしていく……というお話。
 主人公は、上川さんもパンフでおっしゃっていたように『SHIROH』の四郎と裏表な役で、復讐心が燃えたぎったり揺らいだりする人。相変わらずの好演だし、間や台詞の抑揚で心境を推し量ることはできるけど、でもやっぱり表情をいろいろ見たかったーっ(絶対素晴らしい感情の機微を見せてくれていただろうに)
 で、その主人公をたきつけ、暗殺の技術を教えるプロ暗殺者の堺さん。いつも笑顔(「殺すときくらい怖い顔してくれない?」とよく言われるらしい・笑)で、ブレる主人公に対し、彼はちっともブレないんだけど、その根幹をなす「暗殺の技をたたきこまれて育てられたのに、力をつけすぎると周囲に恐れられ、一族郎党に謀られて殺されそうになった=裏切られた」ことへの憎しみがすごく悲しかった。殺伐とした育ちだった中で、それでも信用していた一族に、信頼していたからこそここまで激しい憎しみを抱いてしまったのかと。
 正直、この暗殺者の一途さは理解できない方がいい感情だろうとは思うのだけど、理解できる自分もちょっと悲しかった(苦笑)

 その堺さん(の演じる役)がね、自分の復讐のために周囲を利用していくんだけれど、それと同時に、主人公への確かな信頼を感じられるのがつらい。「彼なら自分の目標(復讐)のために必要なことをすべてやってくれる」という(やや)歪んだ信頼だけど、主人公が復讐に揺らぐたびにガッカリしたりもするけど、それでも「ここでこうすれば彼は再び復讐に向かう」と考えて行動し、自分が担ぎ上げる人物を変えようとはしない。そんな一途なところがある。
 本人はちっとも自覚してないと思うんだけど、「友達」と言われても満更でなさそうなところがあったり、「人を守って死んでいける喜び(幸福?)がお前にはわかるまい」と言われて「分かりたくもないね」と吐き捨てるように叫んだり(たった1~2度しかない声を荒げるシーン)、最後に主人公と全力で打ち合っていくところが……本当に切ないです。ネットの感想に「もう少し感情を知っていれば、自身の中にある主人公への好意に気づけただろうに」というのを見たけど、同感です。

 ヲヤ?
 ちらっと書くだけの予定が、気づけばそこそこの量に。まあ、今回は役者さんの表情などを全然見られなかった不満があるので、ゲキシネ(舞台を撮ったものを映画館で放映する)を見て、その出来をもってDVD購入も検討したいと思います。
 今年はあまり観劇してないせいか(感想書いてないけど見てはいます)、当たりが少ないのですが、今日のは好きです。端席でも、見られて良かった。

スポンサーサイト
この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<一途? | メイン | 忘れ物(BlogPet)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/498-ed86960c

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。