2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
桜の花の色
2007/03/26(Mon)
 陽気に誘われて、桜の花がいよいよほころんできました。まだ日のあたる一部の枝しか花をつけていないけど、ついぼーっと眺めてしまいます。この時期は空気が華やいでいいですよね。宴会なんてしなくていいから、ただぼんやりと桜の花を眺めていたくなってしまいます。

 今日仕事中に読んでたエッセイで、桜の花の色を「ピンク色」と書いているものがありました。意味はすんなり通りますが、私の中でどうしても釈然としない。私の思う「ピンク色」というのは、パステルピンクでも、はっきり色がついているんですね。私が「桜」といわれて思い浮かべるのは、もっと淡い色合いなのです。あれを「ピンク」というのは違うんじゃないかと。
 「それなら桜の花の色はどう形容するか」を自分なり考えてみたのですが、どれもしっくりきません。「言葉」として一番近いと思うのは「薄紅色」なのですが、これも「色合い」としては濃く感じられる。八重桜とかなら「薄紅色」でもアリだと思うけど、私の見慣れている桜はソメイヨシノだし。
 で、最終的に自分の中で納得がいったのが「あたたかい白」。白い絵の具に、一滴だけ薄紅色を落として混ぜたような淡い色がいい。雪とまごうくらいの色合いで、でも雪にはない温度が感じられて、それなのに雪と同じくらい儚く散っていくの。
 桜の花と雪が同時に舞い散る景色はさぞかし美しいだろうなあ……(←想像の世界突入中)

 みなさんの中で「桜」は何色ですか?
スポンサーサイト
この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<あらたうと青葉若葉の日の光(芭蕉) | メイン | 母校3>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/51-a1099379

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。