2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
あらたうと青葉若葉の日の光(芭蕉)
2007/03/30(Fri)
 昼休みに職場から歩いて10分少々のところにある神社まででかけてきました。職場界隈で一番の桜の名所である「墓地」に、お花見のために行くのは抵抗があったので(何かを起こしてしまいそうで怖い・汗)、神社ならそれなりに桜が咲いているだろうと。
 お目当ての神社は「桜の名所」というよりは「ツツジの名所」なので、桜の木はあまり見当たらず。でも、そのせいか花見客が全然いなくて見やすかったです。前回のブログで「桜は白に近い色」と書きましたが、「花」ではなく「花びら」が適当でしたね。木全体でみると、色の薄いソメイヨシノでも、うっすら桃色に色づいているのを見て、やや考えを改めました(「桜」の花に「桃色」という言葉を使うのもヘンな気がしますが)。肌の色の薄い子ががぽっと頬を赤らめているような感じで、可愛らしいですよね。
 また、桜が少なかった分、他のいろんな木々が緑色になっているのに気づくことができました。深い緑色の葉っぱが豊かに繁っている木々をよく見れば、アタマのてっぺんの方に黄緑色の若葉。ゆったりとした春風に吹かれて、音を鳴らしている。
 まだつぼみの木も薄紅色の木も深い緑色の木も、大きな木も小さな木も、みんな「生きている」のが感じられて、見てて幸せな気持ちになりました。

 私、本当に木が好きみたいです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<とか思ってるよ(BlogPet) | メイン | 桜の花の色>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/53-c14fface

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。