2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「苦手」と思う特別
2007/04/01(Sun)
 引っ越し前の我が家は更地にして東京都に引き渡すことになっています。その引渡し時期が3月末から6月末になりました。引渡しを延期したことで、植物をいくつか新居に運べそうだね、と両親と喜んでいます。草花のお引越しは、花が散って球根に栄養分がたくさんある時期が良いらしいので(聞きかじり情報)。春先はいろんなお花が咲きますからね。
 旧宅に咲いている&これから咲く予定の花はいくつかありますが、その中で私がぜひ持ってきてほしいのはカラー。白い花びら(ガクでしたっけ?)がくるりと丸まった、珍しい形の花です(ただし品種としてはメジャー)。このカラー、前の家に引越したときも、その前の家から持ってきたお花なんです。毎年5月頃に白い花を見ていたから、今度の家でも毎年見られるなら、とても嬉しいですね。

 でも、小さい頃はカラーの花ってどちらかというと苦手だったんですよ。ほら、カラーって形がヘンでしょう。だから、小学生時代は台所の窓の下で咲いてたのを見るたびに「奇妙な花だな」って。当時は、パンジーとかコスモスのような、いかにも「花」らしい可愛らしいお花が好きだったから。
 きっと、私にとってカラーは、たくさん種類のある花の中で「苦手」と思うくらいには、当時から特別な花だったのでしょう。カラーを可愛い、好きだと愛着を持てるようになるのは高校以降ですかね。今でも不思議な形だとは思うけど、綺麗な花を咲かせてくれるのを見るとほっとします。長年見て育っている分、愛着がわいたのでしょう。
 植物の引越し担当は(多分)父ですが、無事に根付いてくれることを願っています。

 ちなみに、いまだに苦手意識が抜けない植物はバラ。花びらの多さも、香りの強さも、葉っぱや茎のトゲも威圧感を感じてしまうんです。真紅等の色の濃いバラは特に苦手(白バラや淡い色ならまだ大丈夫かな)。もちろん綺麗だと思うし、頂けば嬉しいけど、それでもバラは「怖い」です。
 家で育てたことはなかった(はずだ)し、「トゲが刺さったことがある」等のトラウマがあるわけでもないんですけどね。なんでだろう?
スポンサーサイト
この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<知らない間に | メイン | 期日前投票未遂>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/55-110cf7b2

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。