2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
空の青・海の青
2010/09/12(Sun)
 本屋に寄ったら、平積みコーナーに1冊だけぽつんと残されていた『獣の奏者・外伝』を発見。そんな本が出ているとは知らなかったので、びっくりしました。残り1冊しかなかったこともあり、速攻手にとって購入することに。
 このシリーズは(以前感想を書いたかどうか覚えていないのですが)、1・2作目の話が好きです。2作目の最後の「希望」が大好きなんです。3・4作目では、最後まで「学者」であった主人公にはちょっと距離を感じてしまって……まっすぐな人柄は、キライじゃないんですけどね。
 外伝は二部構成で、主人公と、主人公の先生(上司)の恋物語(って書くとなんか恥ずかしい)でした。率直な感想としては、2人とも若かった(笑)。個人的には、それぞれの恋物語と同じくらい、家族の物語に心ひかれました。詳しく書くとネタバレになるので詳細は省略。興味のある方はご自分でどうぞ。

 本屋といえば、しばらく前に森絵都さんの『カラフル』が平積みコーナーにあったので立ち読みしたんですよ。アニメ映画になるというCMを見たのですが、CMを見る限りアニメに適した題材と思えず、CM中でネタバレ感満載でつまらなくて、逆に原作が気になっていたんです。作者さんがちゃんとお話の書ける方だと知っていたから、余計にね。
 読んだ感想。小説は面白かった(ちゃんと「カラフル」な世界を描いたお話だった)。今回のアニメ化の前に実写映画化されていたことを知って納得した(この作品は実写でいいと思う)。CMのネタバレは、本当の意味でのタブーは犯していなかった。けれどもあのCMを見た上で読んでいるとかなり早い段階で「ネタバレ」の「裏」が読み取れてしまうので、やっぱりダメなCMだと思った。ちゃんと驚くべき場面で驚かせることが必要だと思うんですよね。
 インパクトのあるセリフで、でも物語の核心には一定の距離のある言葉。もっと探せばきっとあったと思うのに。もったいないです。

スポンサーサイト
この記事のURL | 本・芸術 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<名前(BlogPet) | メイン | 歯科医通い終了。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/620-f341b071

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。