2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
減価償却
2010/10/21(Thu)
 洋服の寿命って何年くらいなんでしょう?

 小さい頃は「サイズ合わなくなったから」と分かりやすかったんですけど、大人になってからは、イマイチわからないです。
 たとえば、流行が終わったら、というのは私の場合まずありえません(モッタイナイ)。はやりものはあまり積極的に買わないし、買ったとしても1年でお役目御免なんてそんな可哀想なことできるわけがありません。
 ボロくなったら、という基準はありますが、私の場合「ボロ」認定基準がとにかく緩い(貧乏性)。目立たない場所のシミならそ知らぬ顔してるし。すぐに洗えばシミなんて目立たなくなりますって(よくやる)
 強いてあげるなら、新しい服を買うことによって、以前着ていた洋服を着なくなって「外行き用→自宅用→雑巾or廃棄」となっていくパターンが一番多い気がします。多分。

 さて、ここに、10年間着用したロングスカートがあります。社会人1年目の冬に、大学時代の友人と遊びに行ったときに買ったことまで覚えています。色味は明らかに秋冬モノなのですが、生地が薄いのでオールシーズン着続けていた品です。ナイロン素材のため色落ちもしていません(多少ツンツルテンにはなりましたが)
 このスカートのファスナーの横がほつれていることに、本日気づきました。糸がほどけてしまっただけなので、縫えばまた着られます。
 でも、もう10年目の品です。でもでも、もったいない気もします。

 果たして、お役御免にするべきなのでしょうか。

スポンサーサイト
この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<承知(BlogPet) | メイン | ウォルト・ディズニーの功罪>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/634-ed8c570b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。