2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
遙かなる時空の中で3 運命の迷宮(愛蔵版)
2010/11/06(Sat)
 奈良・京都旅行中に同行した友人と『遙か4』について話したんですね。彼女は某キャラクターが大好きで、彼との真エンディングを見るために昼夜ぶっつづけで全キャラ攻略したほどの人。で、彼女がそのキャラを「現実にいたら旦那にしたいくらい好き」だと言ってたんですね(※彼女は既婚者)。『遙か4』は1人攻略しただけで止まってしまった私にしてみたら、彼女の情熱はまぶしいほどで、微笑ましくもありました。
 私もそれくらい好きなキャラいるかな~と思ってたら『遙か3』のキャラだろうという結論になりました。『遙か3』シリーズは3作あって、1・2作目と3作目に分けてPSPに移植してあり、それぞれ「後日談」などのおまけがついています。1・2作目のPSP版は購入して後日談も堪能していたのですが(好きなキャラだけ)、3作目は『遙か3』を好きな私でさえクソゲーだと思ったので買わずにいたんです。それが、友人の愛あふるる語りを聞いていたら、だんだん「3作目の最愛キャラの後日談も見たい」と思うようになっていき、気づいたらゲームを買ってしまっていました。

 やりはじめたら、クソゲーなんだけどキャラ同士の掛け合いが楽しくてはまりこんだ……あげく、友人(遙か4語りをした子)からの「DSが動かない」エマージェンシーメールの返事に、遙か萌え語りを書いてしまいました(蹴)。深刻なときにごめんね。反省。


 ゲームの内容自体の感想は省略(多分昔書いていると思うし)
 最愛キャラの後日談の感想のみ、興味があればどうぞ(ネタバレ注意)

 最愛キャラと主人公とラブラブすぎてどうしようかと思った……いや、今でも「どうしよう」と思っています。幼なじみ設定のキャラだから、二人の絆の強さはずっと描かれていたけど、糖度は控えめだったんですよ(ゲーム中では)。それが追加エピソードで彼氏ヅラしやがったり、年越しイベントであんなこと言い出したり、数年後にはあっさりあんなこと言わせちゃうなんて。一切恥ずかしがらずに「愛してる」とか言えちゃうヤツだと思ってはいたけど、そんな急にサービス満点なイベントを見せられて、糖度低めのイベントで満足していた私としてはドキドキが止まりません。
 ああ、でもでも。攻略対象の中で(製作スタッフに)えこひいきされているキャラと言われているけど、それでも、この2人の結婚式のシーンを作ってくれてありがとうKOEI。

 主人公と彼がいつまでもいつまでも幸せでありますように。
スポンサーサイト
この記事のURL | ゲーム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ないとが廃棄された(BlogPet) | メイン | お寺で殺生>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/641-66eb7fcb

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。