2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ロミオとジュリエット(宝塚・雪組版) ひいき的な感想
2011/02/20(Sun)
 失礼な発言多いと思うので、本当に興味のある人だけでどうぞ。
 多分、まっつ(未涼亜希:ベンヴォーリオ役)のファン以外は見ても仕方ない内容です。

 組替えが発表された当初。10年以上いた花組から、同期さんがトップになる雪組に行くので、微妙路線(ごめんなさい)→路線落ちになっちゃうのかな~と心配しつつ、路線落ちたら落ちたで重厚な脇役として応援していくさ、と思っていました。
 それが主人公の親友役にキャスティングされ、「ファンなら見て損はない役だ」と聞いていそいそと予約したわけです。

 本当に損がなかった。
 厚遇すぎて、(多分)正規の路線じゃないのに、ここまで厚遇されていいのか不安になるくらいだった。

・3番「手」ではないかもしれないけど、3番「目」としてのポジションを確保
 (パンフレットのキャストの名前&写真位置。パレードの階段降りの順番など)
・セリフがいっぱいある
・歌がいっぱいある
・ダンスもいっぱいある

 ずっと路線寄り(学年順とは別に、主役・準主役級のできる方々。かなり細かくランクづけされている)ではあったけれど、トップになれる人ではないだろうな、と思っていました(正直今でもトップは厳しいと思う)。だから、バウ公演などで2番手(準主役)をやっているときは極力見に行くようにしていたんです。宝塚は、番手の順番に応じて、キャラクターの重要度もセリフ量も露骨に区別するからね。
 花組は路線男役さんがいっぱいいるので、私のひいきが4番目だとしても、8人分くらいメイン役それぞれにセリフを割り振らないといけないので、最終的にセリフ量はそこまで多くならなかったんですよね。それが当然だと思っていましたし。
 ロミジュリは主要人物が少ないせいか、余計活躍している印象を受けました。こんなにまっつが大活躍している舞台が見られるなんて、本当に本当に幸福です。

 ただ、幸せな分、今までの雪組の生徒さんやファンの皆さんの心中を考えて暗い気分になりました。名前のついている役が少ない中で、さらに重要なところをかっさらわれたら、面白くないんじゃないかなあって。
 その他大勢のようなキャスティングをされて腐るような生徒さんはいないと思いますが、それでも、名前のある役につきたいし、マイクにのるセリフを言いたいでしょう。宝塚オリジナルだと端役まで作るけど、海外原作ミュージカルだと難しいですからね。

 自分のひいきの活躍が嬉しいと思う一方、宝塚の厳しさを改めて思った昼下がりでした。

スポンサーサイト
この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ロミオとジュリエット(雪組版) 作品感想 | メイン | 睡眠不足は光熱費の敵>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/688-a4eb8598

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。