2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
TOAはじめました
2007/05/06(Sun)
 今年のGW前半はネット友達と遊び、大学の友達と遊び、SE時代の友達と飲んでと有意義で充実した時間を過ごしました(ありがたいことです)
 さらに、うっかり『銀河英雄伝説』のアニメを見たら止まらなくなって大変でしたよ。第1話からイゼルローン陥落まで見たところで「これではいかん!」と我に返り、以降は気になるシーンだけ飛び飛びで見てました(笑)

 連休の後半は、プレイを宣言していた『テイルズ・オブ・ジ・アビス』(以下TOA)。はじめたのが3日からだったので、全然進んでいません。
 以下、ネタバレを含むエトセトラ。

 今回はいつもほど「のめりこむように」やっていません。多分、当初の主人公の人となりが好きじゃなくてモチベーションが低かったせいでしょう。これについては、友人宅で見せてもらったときにすでに知ってたことだし、のちに改心すると聞いてたから続けられましたが(苦笑)。心から「楽しい」と熱中しはじめたのは、第2部からですね。
 この連休後半=4日間では、「オープニング~雪山のセフィロト調節&決戦前夜イベント(第2部)」までしかできませんでした(約50時間・レベルは48程度)。できれば第2部ラストまで見たかったのですが、最後のダンジョンがやたらと長いらしいので断念。残念です。


 現時点でのプレイで特に思った感想。

・主人公の正体
 「OPの赤髪(ロンゲ)vs赤髪(短髪)→テイルズ作品では“面影がある”ことに意味がある(TOSより)」「OPの歌はストーリーの壮大なネタバレ→『記憶に疑われる』=記憶が“ない”ことが正しい」の2点から、プレイ前から見当ついてました。まあ、これは伏線が見えすぎなので、製作サイドも最初から隠そうとしてないみたいですけどね。

・「実は……」と正体を明かす必要のある人多すぎ
 イオン様は「どちらかが」だと思ってたので「どちらも」は予想外でした。
 ガイは「ホド住民名簿」で気づく。言われてみれば、確かに「貴族のご子息」な顔立ちだわ。
 ナタリアはほとんど伏線なかったので本当に驚いた。あとは六神将のおっちゃんとの関係が気になりますね。「父」という言葉に反応してたようなので適当に想像中。

・敵国将軍同士のらぶろまんす
 こういうサブイベントをこなしていると「テイルズやってるなあ」という感慨にひたれます。まだまだ先は長そうだけど、がんばって最後まで見届けるぞ~。


 もっといろいろある気もしますが、眠くなってきたので、今までに特に感動したシーンを3つあげて今日は寝ます。

○第2部冒頭・全員が主人公の前から立ち去った後のミュウの台詞
 主人公の痛みを思いやるペット(?)のけなげさもさることながら、あの愛らしくみんなを和ませていた小動物が、人知れず大きな痛みを抱え続けていたのだと、唐突に気づいて、目がうるんでしまいました。
 でも、同時に「この台詞を言わせるために、この小動物にはあの設定があったのか」とも思っちゃいました(苦笑)

○ナタリア王女首都脱出
 攻略本片手にプレイしてるので、ストーリーの大まかな流れは事前に把握しているのですが、それでも感動してしまいました。最初に首都に入ったとき、人々の口の端にのぼっていた王女人気はただのミーハーかと思ったのですが、本気だったんだなぁと。民衆のまっすぐな親愛と尊敬はまぶしかったし、人々に愛されるような「王女」であるナタリアもうらやましいですね。

○職人の町での惨殺事件
 おばあちゃんがスローモーションで斬られるところもつらかったですが、港で身をていして足止めになってくれた老夫婦(夫婦……だよね?)が、主人公が去り際に「ごめん」と言っていたことを受けて、瀕死の重症の状態で「“ごめん”じゃなくて“ありがとう”じゃろうが」「あの子たちが帰ってきたら言葉の選び方を教えてあげないといけませんね」(台詞うろ覚え)と言ったのは、本当に切なかった。自分(主人公)の無力を笑って許してくれる二人に、この後ボス戦が控えているにもかかわらず、ぼろぼろ泣いてしまいました。
 余談。このボスを倒した後のイベントも、敵の事情や思いを知ってさらに切なくなるものなのに、さらに次の「譜を書こう」イベントで何度も失敗して、すっかり感動から正気に戻ってしまいました。もうちょっと余韻にひたらせてほしかったなぁ(不器用な私が悪いのか?)

スポンサーサイト
この記事のURL | ゲーム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<彼女に……祝福を | メイン | いざ鎌倉~まぜるな危険 まで>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/70-5df47283

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。