2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
生クリーム
2011/09/24(Sat)
 しばらく前に実家に帰ったときに、100均で買った紙製のケーキの型がいっぱい出てきました。うちでお菓子を作るのは私だけだったので紙型を引き取り、以降、気が向いたときに簡単なケーキを作って、自分で食べたり、実家に押しつけたりしていました。

 さて、私はチーズケーキが好きですが、末弟がチーズを好きじゃないので、チーズケーキを家で食べたことは全くありませんでした。手作りでも既製品でも、食べられないのに用意するのは可哀想じゃないか、というわけです。
 しかし現在は一人暮らし。実家にいないんだから、チーズケーキ作ってみようと思い立ちました。お菓子作りが趣味、なんて可愛らしい時期は一度もなかったので、レシピを調べるところからスタート。一番最初に目についた、簡単なベイクドチーズケーキに決定。材料を用意して、クリームチーズを溶かしながらふと疑問を抱く。

「生クリームは、このまま(液体状)入れるのか、それとも泡立ててから入れるのか」

 どういう思考回路だよ、とつっこまれそうですが、そのときは「泡立てたものこそ『生クリーム』と呼べるシロモノなのではなかろうか」と思っちゃったんですね。時間もあったし。で、小さな泡立て器でかしゃかしゃ泡立てる……泡立てる……泡立てる……(20分経過)……泡立った。これを投入して、材料を全部混ぜたら、生地がまあ膨らむこと膨らむこと。まるでスフレチーズケーキのようです。この時点で「やっちゃったか……?」とやや不安を覚える。
 紙の型をオーブンに入れて40分待機。待っている間にオーブンをのぞきこんだら、生地が盛り上がってケーキの型より高い位置になっていました。さすがにここまでくれば「泡立てたのは失敗だった」と確信にいたります。ハラハラしたものの、生地は型からこぼれずに、なんとか焼きあがりました。ものごっつ盛り上がっていたけど(汗)
 盛り上がっていたチーズケーキは、しかし時間とともにぐんぐんしぼみはじめ、冷蔵庫で冷やしている間に普通のベイクドチーズケーキの厚さになりました。空気が抜けたのだろうと思います。名残は、型の端の高い位置にくっついていたケーキだけでした。

 あ、味は普通に美味でした(材料の量は遵守していますので)

 後でお料理上手の友人に確認したら、やっぱり生クリームを泡立てる必要はないとのことでした。よく考えれば、レシピに「生クリームを泡立てる」という手順が書いてなかったんだから、当然なんですよね。何を一生懸命になっていたんだろう、あのときの私。

スポンサーサイト
この記事のURL | 私のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<どこに頼んだ? | メイン | 天気図を読む>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/761-c2b8f912

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。