2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2011年度観劇まとめ
2011/12/22(Thu)
 実は昨日の舞台チケットが一枚あったのですが、既述の通り体調不良だったため観劇を見合わせました。評判もイマイチのようだったから、いいかなと。
 そんなわけで、今年の観劇のまとめです。

 総評する前に、観劇感想を書き損ねていた2公演の感想をさっくりと。

●ベッジ・パードン(6/21)
 夏目漱石のロンドン留学時代のお話。三谷幸喜作品で、出演者は野村萬斎さん・深津絵里さん・大泉洋さん・浦井健治くん・浅野和之さん。
 前半のコメディの方が正直好きでした。漱石とベッジの恋が終わってからの重たい雰囲気は、そのギャップについていけなかったというか(後半の方が三谷さんの描きたかった部分だとわかっちゃいるんですけどね)
 役者さんはみなさんお上手でした。野村さんのカタブツぶりと、変幻自在な大泉さん(どちらも日本からの留学生設定)の対照的な雰囲気が面白かった。浦井君はハラハラ見ていた(大丈夫だったけど・笑)。浅野さんは演技力でなく兼役の幅で笑いをとっていたのがもったいなかったかも。
 個人的には野村さんの「こんな夢を見た」というセリフで誰も笑わなかったのが衝撃でした。『夢十夜』って案外読まれてないんでしょうか?(私は好きなので)

●ロミオとジュリエット(9/7・9/30・10/2)
 冬から春にかけてどっぷりはまったフランス発ミュージカル。こっちは宝塚でなく男女混合版。演出家小池センセー(宝塚版と同じ)の「悪いクセ」が出た印象。ロミジュリの世界に携帯電話やらドラッグやらはいらないです。ジュリエット出生の秘密も余計だと思う。宝塚版と違って感心した演出はマーキューシオとティボルトが死んだ後の大公の歌と「僕は怖い」→「憎しみ」へのチェンジくらいです(ここはヅカ版より好き)
 宝塚版はあんなに美しかったのになあ(期待しすぎた私が悪いの?)。『エリザベート』をはじめ耽美な世界やらせたらすごく上手いのに、現代劇になると途端にあさっての方向に流れてしまうようなんですよね。私の宝塚のごひいきが初めて2番手をやった公演なんぞ記憶から抹消されている始末です。
 演出はいろいろ不満ありますが、キャストは良かったと思います。男役の歌声と本物の男性の歌声はやっぱり違うし、玉石混交より一定以上のレベルのそろったダンス・歌唱力の方が見ごたえ・聞きごたえはあります。これで「生オケ」ならもっと良かったんですけどね~(あの料金で録音ってサギだと思う)
 一番のヒットは「死」。素晴らしかった。一音も発さず、ひたすら体の動き(踊り)で表現するんだけど、それが本当に本当に美しかった。ずーっと見とれていました。ダブルキャストでどちらの「死」もよかったけど、よりバレエ的表現だった中島さんの方が個人的には好みかも。でも大貫さんもよかった。あの「死」が見られたことが、日本の男女混合版『ロミオとジュリエット』の一番の収穫です(きっぱり)
 来年の秋には本場(フランス)からの来日公演もあるので、そちらも楽しみです(フランス語さっぱりだけど)


 全観劇作品の感想を書き終えたところで、観劇回数をまとめました。じゃじゃーん。

  2011年=13演目19公演。
 (10年=4演目4公演/09年=7演目8公演/2008年=14演目18公演)

 久しぶりにいっぱい見ました。三谷幸喜作品が多かったので追いかけたのと『ロミオとジュリエット』がクリティカルヒットだったのがいけなかったのだと思います(宝塚版3回・男女混合版3回見ました)。あれで観劇熱が燃え上がったというか。あと宝塚では思わぬ再会があったのもいけませんでした。夏にお手紙を出して以来、彼女が出る作品は嬉々として極力チケット取るようにしていますので(笑)

  最もよく見たで賞  ……『ロミオとジュリエット』(3回×2)
  最も気に入ったで賞 ……『ロミオとジュリエット』
  最も笑ったで賞   ……『カナリア』
  最も泣いたで賞   ……『2/2』

 今年は「賞」を設けるとしたら大概ロミジュリにもっていかれます。ロミジュリがコメディでなかったから、笑ったのは何かな~と考えたら『カナリア』かと(三谷作品はシリアスばかりだったので)。泣いたのは今年最後に見た『2/2』一択。あんなに優しくあたたかく生きていくことを肯定してもらえたら幸せで泣けて仕方ないです。

 来年は宝塚からスタート。ひいき主演(新人公演以来!)の公演が東京ではやらないので、久しぶりに宝塚市まで出かけます(人生二度目)。楽しみです♪

スポンサーサイト
この記事のURL | 舞台・芝居 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<忘年会 | メイン | 届かない声>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/784-975e513b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。