2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
月に叢雲 金環蝕
2012/05/21(Mon)
 金環日蝕の朝。いつもよりだいぶ早い時間に起きて、簡単に身づくろい。もそもそとパンを1個だけ食べて、外へ。
 うちのアパートは西南角部屋で東の空を見ることは不可能だったため、少し歩いて線路沿いまで移動します。東西に走る線路の上に、南北に歩道橋がかかっている場所があるんです。ここなら東にぽっかりすきまがあるし、空もよく見えるはず。
 近所の人が大挙していたらどうしよう、と思ったのですが、午前7時時点ではそれほど人がいませんでした。歩道橋の片側に人が一通り埋まる程度。ほっとしながら、太陽観察専用サングラスを取り出したのでした。
 ちなみにこの場所、後からどんどん人が押し寄せて、最終的には歩道橋は両側にそれぞれ人がびっしり並び、階段にも陣取る人も多くいました。押し合いへしあい、というほど混雑しなかったのですけどね(助かった)

 日蝕~金環蝕は、サングラス越しに、時折目を休めながらずーっと見ていました。厚い雲がかかるたびに「ええいっ、早く通りすぎろ」とじれるのもご愛嬌。金環蝕になった瞬間はすごく感動しました。金環日蝕の間で、雲が厚くてサングラスで見えなかったとき、近くから「雲がかかっているから今なら直接見られるよ」「うわーすごいね」という声が聞こえてきたので、そのときは思わず直接太陽を見上げてしまいました(てへぺろ)。雲ごしに見える金環日蝕も風情があって大変よろしゅうございました。

 日蝕が終わったら、名残惜しそうにしている人も大勢いたけれど、私は出勤のしたくがあったので帰宅。すばらしい一週間のはじめでした。これで今週も頑張れます♪

スポンサーサイト
この記事のURL | 花鳥風月(自然) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<心臓に悪い | メイン | レジ横で私を連れて行けと言われたので>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/826-42f3f60b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。