2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
飴細工
2012/06/03(Sun)
 いろいろと身バレを防ぐため、日にちなどは省略します。

 某月某日。ある友人にプレゼントを贈ろうと思案していた私は、自分が立ち寄る先に「飴細工のお店」があることに気づきました。インターネットで見てみると、動物などのほかに、お花の飴細工もあるという。これなら見栄えがするかな~とお店に足を運んでみることにしました。

 平日の午後。やや小さめな店内にお客様は1人しかおらず(その方もすぐ帰られた)。壁に飴細工が飾ってあるけど、思ったより種類が少ない。想像したほどのワンダーランドな雰囲気がなくて拍子抜けしていると、店主のおにいさん(おじさん、というにはまだ若かったと思う)が「そちらのメニュー表にあるものを選んでいただけたら、すぐ作りますよ」と言う。出来合いのものを売るというより、作っている姿を見せて売るスタンスらしい。なるほど。
 動物の飴細工がメインのようだが、お花もいろいろある。「1つ作るのに、どれくらいかかりますか?」「動物だと5分くらいですかねえ」「じゃあ、お花は?」「10分ほど見てもらえれば確実かと」。お花のほうが時間がかかるのか。友人に贈るのはバラの花と決めていたけれど、メニューに並んでいたヒマワリにも心ひかれる。
「じゃあ、このバラを2本と、ヒマワリを1本お願いします」「かしこまりました。バラの花は色を変えられますけど、どうしますか? 赤とか、ピンクとか、黄色とか、白とか……」「ピンクで(即答)」「はい、じゃあ今から作りますね」

 店主はツボ(?)から白い水あめを取り出し、ピンク色の色素をたらして練りこむ。全体がまんべんなくピンク色になったところで、握りばさみで中央にいくつか切れ込みを入れていく。次にピンセットで、切れ込みを一片ずつつまんで、のばしながら形を整えていく。中央から、徐々に花びらができあがっていく……3分後には、見事にバラの花が。
「すごい。カワイイ……」「ありがとうございます。次に葉っぱをつけますね」
 今度は取り出した水あめに緑色の色素を練りこんで、花びらの下につける。あっという間にバラの花が1本完成。当初はやわらかかった飴細工ですが「もうこんなに硬いんですよ」と店主が言うように、握りばさみで叩くとカンカンと小気味よい音がする。

私「すぐ固まるものなんですか?」
主「大体3分くらいですね」
私「そんなすぐですか」
主「ええ、だから、動物などの一色のものは5分くらい、複数の色を使う花は10分くらいみてもらうんです」
私「なるほど。動物と花ってどちらの方が難しいんですか」
主「一概にはどちらと言えませんが……花は時間がかかりますが、形の特徴がはっきりしていますからね。動物は一色だけど、形が独特なので、整えるのに気を遣います」
私「失敗すると、新しい生命体が生まれてしまうと(笑)」
主「そうですね(笑)」

 店主さんはバラを2本用意すると、続けてヒマワリの製作に着手。バラは内側に切れ込みを入れたけど、ヒマワリは黄色くした水あめをやや平べったく整えて、外側に細かく切れ込みを入れていく。そして、1枚ずつ押しつぶして花びらに。次に中央部分の茶色をこしらえて、上からはりつける。確かにお花は特徴的な形だから、わかりやすい。
 店主さんがにこやかに話しながら説明してくれるので、あれこれ聞き、いちいち感動しながら見てしまいました。楽しかったー!

 作っていただいた飴はラッピングして、全て友人に押し付けてきました。ボリュームあるから食べるのは大変かもしれなかったけど(汗)、見ている分には本当に心から楽しかったです。ちょっとオススメ。

スポンサーサイト
この記事のURL | 本・芸術 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゆるい弁当作り | メイン | 新緑のハッピーウェディング>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://12nocturne16.blog72.fc2.com/tb.php/829-1f869ede

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。